COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    相談役 一條 厚
    監査役 藤本清春
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
ヤマハ発動機株式会社 RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。(北米向け)
ヤマハ発動機株式会社 YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台 。(欧州向け)

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

 求人案内 
 

 

2017年度のセミナーや活動など、随時更新していきますのでお見逃しの無いように!
 

   

※弊社GK Dynamics Inc.への直接のお問合せは
 お受けできませんのでご了承下さい。
 
 
 

 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザイナーの目を通して視る日々をご紹介するFacebook Page。
 
 


 
 

デザインセミナー
 

 
2017年度のセミナーは現在検討中です。

 

 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 
バラの季節に思うこと
間もなく6月になる、2017も折り返し点だ。この時期は、思い出したように観賞に行っている新宿御苑の春バラが満開である。もう四半世紀以上昔の話だが、私が会社に入った頃、京成電鉄経営の谷津遊園が閉園し、何度か行った併設のバラ園が習志野市の経営に変わった。
社会人になりたての私は、その京成線の線路に程近い高台に引っ越したのだが、当時は電車の走行音がとても煩く感じられた。
ところが、生活をしている間にそういった騒音にはどんどん鈍感になり、暫くすると全く無く気にならなくなった。単なる慣れとは違い、その存在自体が意識からすっぽりと抜け落ちて無くなった様な感じだ。
 
人の行動に「選択的知覚」と言われるものがある。大量の情報の中から自分に関心のある情報のみを無意識のうちに選択し取り入れている状況の事であるが、正にその逆で、関心から外れた電車も走行音も目の前で起きていても見えていないし聞こえてこない。
常時、全てに関心を持ち生活していたのでは、そのうち頭がパンクしてしまう。人が生きていく為の脳の仕組みとしては上手く出来ていると思うが、当然ながら無関心であれば入ってくる情報も無である。
では、関心があるとはどういう事だろうか。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるが、その対象が好きであるということ以上の高い関心は無いのではないかと思う。好きな物の情報は向こうから飛び込んでくるし、その理解も早く深いものとなる。
デザインをしていて、或る見方や考え方に行き着いた事で目の前がパーッと明るく開かれた様な感覚に胸躍らせる体験は少なくないが、常日頃から様々な対象に愛情を持ち、高い関心を持てる様にして行ければ、これまで以上に楽しく過ごせるし、良いデザインもしていけそうな気がする。
 
デザインを生業とてから四半世紀以上が過ぎたが、好きであればまだまだやれる事は有るはずだ。
日々精進などと言うとハードルが高いので、適当に良かれと思う事をしていこうと思う今日この頃である。

(動態デザイン部シニアディレクター:T記)   
CMFGデザイナーの独言

 
「道具を正しく使わなくともよい」とは誰も教えません。道具は目的を持って生まれ、それには正しい使い方があり、極めれば匠と呼ばれます。20世紀後半、モーターサイクルのカラーリングスケッチを描くために渡されたのはマーカーでした。それを握り、何度も紙の上を走らせることで描画力を極め、デザインスキルを高めたものです。
21世紀になるとPCのアプリケーション・ソフトウェアがスケッチツールに変わり、モニターの中でスケッチが描かれはじめます。それによって新しい表現や効果がデザインに取り入れられました。時代の進化に合った適切なツールの変化といえますが、他方でマーカーの紙面を走る「シュッ、シュッ」という音や独特のインクの匂いを感じられなくなったことには少し寂しさを覚えます。
 
 しかしモーターサイクルの車体に各色のステッカーを使ってグラフィックデザインを完成させる風景は、21世紀に入った今でも変わっていません。車体の前に並ぶのは建築図面用のドローイングテープ、鉄筆、カッターナイフの3点セット。
ドローイングテープを使って車体にグラフィックのかたちを描き、その上にステッカーを貼付けたのち、鉄筆で溝を罫描きます。
この溝にカッターナイフを走らせ、余分な箇所を切り取り、グラフィック・エレメントとして仕上げていくのです。モーターサイクルの複雑な3次曲面に美しいラインを施し、ステッカーを貼付けるための三種の神器というべきものですが、もともとこれらはグラフィック作成用の専用ツールではなく、別の用途のために作られた一般的な道具を組み合わせたものなのです。複雑な造形のうえにいかに伸びやかで美しいグラフィックデザインをつくりあげるか。先人たちが思考錯誤の末に、本来の用途とは違う使い方、かつ身近にある道具の組み合わせでこの方法を編み出しました。この妙なツールセットは今でも使用されています。
 
 この正しいとは言えない道具の応用技術があるからこそ、私たちは他にない高い品質の仕上げと独自性のあるグラフィックデザインを商品に与えられると自負しています。

 (動態グラフィック部ディレクター:A記) 

 

のりものがたり

 
空気が生む「美しいカタチ」
I少年は、飛行機を作り始めると3次元のカタチを作る楽しさの虜になりました。
出来合いのプラモデルを組み立てるのと違い、全てを手で作ることで、海の向こうのまだ見ぬ文化や技術に強い興味を抱くようになったI少年。手の中の1/50の小さな3次元にも大きな世界があることをその手で知りました。
物のカタチには様々な違いがあることに気づき、人々には民族や文化や風土に根ざした様々な造形観があることに意識が向き始めます。
 
メーカー、つまりブランドにもやはりそれぞれの特徴があるのですが、需要と供給/原価や利益と言った市場原理に大きく左右される自動車より、飛行機の設計思想や哲学はより理想に向かって強固です。それがブランドアイデンティティの芯となり、当然の帰結として格好良くなっていくのです。
 
造形の何たるかを、虚飾のない飛行機を作る事で学び、そこで閃いた多くの魅力的なフォルムは膨大な記憶として保存され、後のデザイナー人生であらゆる発想の源として活用されました。
空気という見えないデザイナーのなせる技、見えない圧力や抵抗とせめぎ合い、無駄なものを削ぎ落した飛行機のフォルムは流体力学であり、それは自ずと美しいカタチなのです。

   (メッサーシュミットMe109E(独)
      ドイツ機は直線的平面的で実機同様作り易い。
      文字もマークもラッカーで細筆描し、リバットは
      針で、継ぎ目は生乾きのうちに小刀で筋を入れる
      のも紙ならの技。
      風防は木型を作りビニールを温めて押し付けピン
      留成型する。

 

(ダイナミックスCP編集委員:Sa)   
GKデザイングループ