COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    相談役 一條 厚
    監査役 藤本清春
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
YAMAHA Motor USA RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。
YAMAHA Motor Europe YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

応募案内
 

 

学生セミナーの開催予定です。募集は2017年1月10日締切。
開催日は2017年1月25日~27日です。
詳細は各大学の所属されている研究室、並びに学生課・就職課などへ配信しております。
詳細は㈱GKデザイン機構webサイト、TopicsのNewsをご覧下さい。
 
 
 

   

※弊社GK Dynamics Inc.への直接のお問合せは
 お受けできませんのでご了承下さい。
 
 
 

  
 
 
 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザインに限定されない日々のリアルな活動がご紹介できるFacebook Pageを始めました。
 


 
 

 
 
 

トルコデザインウィーク 
審査員として参加

 
DESIGN TURKEYはトルコ輸出省が2008年から開催している国際デザイン賞です。工業デザイン・ファッション・ビジュアルコミュニケーション・設計といった多岐にわたるデザインに対してプレゼンテーションと審査が行われます。本年度は10月19日から23日まで、弊社から與語取締役が審査員として参加しています。
詳しくはDESIGN WEEK TURKEYのサイト、designweekturkey.com をご覧 下さい。
 
 

 
 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 
前回お話しましたように、走行中の姿勢変化によってさまざまな表情を見せるモーターサイクルだからこそ、それが停止状態であってもダイナミックな動きの変化をイメージさせることで、乗り手の気持ちを一瞬にして走行シーンに誘い、まるで映画の予告編を見てワクワクしてしまうような高揚感を、乗車する前に感じてしまうのです。私たちが唱える「動態デザイン」は、この例えで理解することができます。ただし、動きと言っても様々な現象があるため、カタチに結びつけるためのテーマとして、時には野生動物の躍動感溢れる俊敏な動きを、或いは猛禽類が獲物を狙いまさに襲い掛かろうとしている瞬間を、更には空気の流れと形態の力学的な関係を捉えてきました。それ等を常に念頭にデザインすることで、形態の説得力が増し、誰が見ても納得のいく表現のスタイル=美学が生まれます。その際に留意するべきことは、基本となる乗り物の機能表現を逸脱して、これらのテーマが先行し過ぎたデザインを行うことは避けるべきです。それがアートとデザインの違いなのです。内に秘めた機能や性能の美しい視覚化こそが、動態デザイン不変の根幹と確信しています。

 

(動態デザイン部グループリーダー:U記)   
CMFGデザイナーの独言

 
その製品には、伝えたい思いが備わっているか?
その思いを的確に表現できているか?プロダクトデザインに関わる立場の者として、改めて考えています。
前回お伝えしたように、先日イスタンブールを訪問してきました。
そこでは、極めて精緻な細工が施された数多くの歴史的建造物が、日常生活に隣接して存在しています。現代において一般認知されているであろう「装飾」という言葉の持つ意味が空々しく感じられるほどの圧倒的に濃密で根源的な力強さを湛えた存在感。そうせずにはいられない、その表現でなければ遂げられない純粋な思いから作られた形体や色・図柄。それらを目の前にすると、無駄を省き要素を削ぎ落とすことで作られたシンプルさを主体とする現代的なデザインが、ともすれば空虚なものにすら感じられます。
人類の英知を結集していった先にあるのは、果たしてスマホやスマート家電的なものに集約された世界なのでしょうか?解答を模索することは、私たち自身に委ねられています。
フォルムやビジュアルやテキスト、様々な表現要素を駆使して問題解決を図ることは、デザインの重要な役割です。
そのことを今一度深く、更に深く考えてみよと言われている気がしました。

 

 (動態グラフィック部ディレクター:Y記) 

 

のりものがたり

 
長い戦争の間に姿を消すことになった象。本物の像を見たことのない全国の子供達のため、5ヶ月にも渡る移動動物園としてインディラが長野県岡谷市にもやって来ました。大勢の子供達が詰めかける中、一張羅(!)の半ズボンのお陰か、なんと幸運にもI少年はその大きな背中を体験できる事になったのです。「乗ってごらん」と導かれ、嬉しくも恐る恐るインディラの背中に登りました。記憶している直感は、“高い!大きい!温かい!“そして、“動く!”。
この感覚は5歳の少年が肌で感じた、人間より遥かに大きな生き物である不思議な対象との連帯感。大きな存在との一緒感。初めて体験した「動くものに跨る」という征服感にも似た一体感。暖かいインディラの背中も、少年の生涯に影響を与えたのは言うまでもありません。
日常生活の大半を占める「座る」行為に対して、「跨る」はバイク以外には稀な行動です。しかしその姿勢は、人馬一体のごとく動くものを乗り操るには最適の型です。物に乗り一体感をともなう。乗り物とは読んで字の如し、跨る物なのです。
跨る乗り物に感動した人象一体のセピアの時間から、大人になったかつての少年は改めて「乗り物」を考える機会を得ました。


 

インディラは静岡・山梨・長野と移動し5月19日に松本市に到着、25日疲れと寒さで一度倒れました。(懸命な治療によって翌日には回復)この写真を撮った25日はさぞ疲れていたことでしょう。今、あらためてインディラに感謝します。(一條)
 
※移動動物園は、長野の後に新潟・山形・青森・北海道・秋田・宮城・福島を回り東京の上野動物園に戻り戻りました。

 

(ダイナミックスCP編集委員:Sa)   

X

GKデザイングループ