COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    相談役 一條 厚
    監査役 藤本清春
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
ヤマハ発動機株式会社 RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。(北米向け)
ヤマハ発動機株式会社 YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台 。(欧州向け)

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

 求人案内 
 

 

2016年度冬期学生セミナー、終了しました。
2017年度のセミナーや活動など、随時更新していきますのでお見逃しの無いように!
 

   

※弊社GK Dynamics Inc.への直接のお問合せは
 お受けできませんのでご了承下さい。
 
 
 

 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザインに限定されない日々のリアルな活動がご紹介できるFacebook Pageを始めました。
 


 
 

冬期学生セミナー
終了

 
1月25日から27日の3日間、GKデザイングループのGKダイナミックスとGKIDの2社共催による学生セミナーを開催しました。
日本各地から集まった学生にとっても、現場デザイナーの話しや他校・他学部の思考方法など、刺激を得る良い機会になったのではないでしょうか? 

 

 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 
先回に引き続き、手作業とカタチについてお話ししたいと思います。私が現場でクレイモデルを削っていた時代、それを「点突き」というアナログな方法で計測し、得られた点群データを車体を輪切りにしたような線図に展開します。パソコンの無い時代ですから、2次元の図面から立体物を想像しながら、造形の確認や設計要件の織り込みを行いました。その確認の方法は人それぞれでしたが、ある先輩はテーブルに広げた線図を上からでなく、顔をテーブルに押し付けるようにして片目を閉じ、極力低い位置から複数の線を眺め、それらが変化していく途中に「揺らぎ」があればそれを修正していくのです。正に職人がディテールの出来を確認するかのような技でした。同じことをしても、最初の頃は単に一つの線の揺らぎを見つけることが精一杯で、複数の線を同時に評価しながら理想形を導き出すということはかなりの経験が必要でした。しかも僅か数ミリの修整ですら、3つの方向から見た図面全てに影響があるので、デバイダーを使って辻褄合わせをしながらスイープに沿って描き、一か所の修正に何時間もかかることもありました。完成した線図を基に職人さんが木製のモデルを製作し、それを倣うことでプレス製品の型を起こします。職人さんは元になったクレイモデルは見ていないはずなのに、複雑な形状も線図から見事に再現してしまうのです。現在ではアナログ測定、手描きの線図、職人の木型は全てデジタルに置き換えられ、より複雑で高度な造形も再現できるようになりました。どちらが良い悪いではなく、カタチにはプロセスから生まれる必然があり、それをどう活かすかがが大切なのでしょう。

 

(動態デザイン部グループリーダー:U記)   
CMFGデザイナーの独言

 
我々の携わっているモーターサイクルを中心とした移動具のデザイン。昨今は、若者のクルマ離れが進み、モーターサイクル自体に興味を持つデザイン学生の減少も否めません。そもそもモーターサイクルのCMFG (Color/Material/Finish/Graphic) デザインを勉強する機会は、大学等においてはまずないでしょう。そういう意味では業務内容を理解してもらうのが難しい特殊なデザイン領域と言えます。
事実、現在勤務しているメンバーも、初めから全員がモーターサイクルに興味を持って入社してきた訳ではありません。では、どうすれば仕事として取り組めるようになっていくのか?それは、ある特定製品領域の表層的なCMFGデザイン手法の習得ではなく、CMFGを通して深く人々や社会との関係性を築いていけることに興味を持ち、幅広い領域への展開価値に気づくことだと思います。
今後、世の中の技術が様々に進化しても、人間が動くのをやめることはないでしょう。そしてそこには動き(モビリティ)に関するモノ・コトの新たな価値が生み出されることになるはずです。先端技術と連動しつつ、モビリティの価値を視覚・触覚を通して人々の情緒に訴えかけることは、我々の標榜する動態グラフィックデザインの重要ポイントなのです。

 

 (動態グラフィック部ディレクター:Y記) 

 

のりものがたり

 
小学1年生が嬉々として飛ばしている飛行機は「ヒコーキ」と呼ぶのが相応しい。昔は秋を迎えると子供達は皆競ってヒコーキを作って飛ばしました。朴の木のプロペラ、竹ひごを蝋燭で炙りながら曲げた翼、シンプルな部材をニューム管に差し込み繋げる、 霧を吹いた薄紙の翼はピンと緊張し、ゴムを捻ったゴム動力で回転するプロペラはあくまでも軽やか。 構造はシンプル、しかし作り方一つで飛ぶか飛ばないかが決まるのがライトプレーン(ゴム動力プロペラ飛行機)。
重要なのは翼と重心。単純な形の中に、現在の航空力学の基本が凝縮されているのです。子供達は自分の手で作り飛ばすことで「なぜ飛行機が飛ぶのか」を学んでいました。
 細心したヒコーキが風に乗り3分近く空を舞い、小学校の屋根に着陸してしまい泣く泣く回収を諦めたことも。
ライトプレーンが上昇し飛ぶ、それだけを夢中に求める美しい時間。
性能はクラフトマンシップにより引き出されます。美しい機体程よく飛ぶ、つまり美しいものは性能も優れている、子供心に会得した真理はその後も少年のバイブルになっていきました。

 

(ダイナミックスCP編集委員:Sa)   
GKデザイングループ