COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    相談役 一條 厚
    監査役 藤本清春
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
YAMAHA Motor USA RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

求人案内
 

 

グループ各社の説明及び、 GKグループの説明会になります 詳しくは(株)GKデザイン機構サイトのTopics または、 各大学・大学院から掲示されている 募集要項をご覧ください。
 

   

※弊社GK Dynamics Inc.への直接のお問合せは
 お受けできませんのでご了承下さい。
 
 
 

  
 
 
 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザインに限定されない日々のリアルな活動がご紹介できるFacebook Pageを始めました。
 


 
 

 
 
 

文化交流会 8月3日
「GKグループのデザイン思想と歩み」

 
東京藝術大学と韓国の祥明大学校の文化交流事業の一環で学生たちが弊社を訪問されました。
弊社の一條からはGKグループのデザインとその思想についての説明をさせて頂きました。事前にインターネットで弊社の概要を調べていた学生たちですが、実際に我々が日々携わるデザイン領域が非常に広い事に驚かれたようです。
「触れる地球」を含めた常設の展示も良い刺激になったようです。
 

 
 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 
先回取り上げた自転車は、棒族の中で最も象徴的な乗り物と呼べるでしょう。その形態もさることながら、人間自身が原動力となって乗り物と一体化して走行する様は「人馬一体」と呼ぶにふさわしいものかもしれません。ただし、乗馬の場合は馬自身が走る行為を人間が制御しているわけで、馬の調子や乗り手との相性など、人間側だけの力量だけでは制御しきれない要因があり、それを乗り越えて初めて「人馬一体」が生まれるわけです。私たちが対象としているモーターサイクルは、どちらかといえば、馬に近い存在なのかもしれません。ただし、馬と違いそれがどのような場所でどのように走るかによって、様々な形態に分化してきました。例えばサーキットのような舗装されたコースを競い合うため、あるいは砂漠や原野の道なき道をひたすら駆け抜けるため、あるいは日常生活における混合交通の中で軽快に目的地に向かうため、その条件下での最適な姿が原型として創造されたのです。そのような必然性から生まれる道具に対し、人が興味や関心を深め、私たちのデザインの大きなテーマである「動態」の魅力については次回お話ししたいと思います。

(動態デザイン部グループリーダー:U記)   
CMFGデザイナーの独言

 
現在、デジタルツールを用いずにプロダクトデザインのアイデア展開を進めることはないでしょう。20年ほど前は、まだマーカーによる手描きスケッチといったアナログ手法が主流でしたが、関連ソフトや周辺機器の目覚しい発展によって、きれいな線や面を仕上げるのに、特別なフィジカルスキルが不要になり、様々な情報を膨大に蓄積し、既存アイデアを参照・転用することが容易になりました。
我々が注力しているCMFGの「G=Graphic)」は、デジタル化の影響の大きな領域と言えます。既存事例をコピー&ペーストし加工することで、新たなアイデアのように見せることも可能でしょう。類型化した情報収集をもとに、既成アイデアのいいところを組み合わせただけになっていることもあるかもしれません。
デジタルツールを介したアイデアは、小綺麗な完成形のようなふりをして我々の前に現れがちです。今、自分はどんなアイデア展開をすべきなのか?いかに膨大なデータをもってしても、データ自体がその答えを教えてくれる訳ではありません。
真っさらな白紙に自分の想いを込めた線を描く感覚。
クリエーションに大きな可能性を与えるデジタル化の進んだ現在だからこそ、改めて意識してみることが大切だと思います。
 

 (動態グラフィック部ディレクター:Y記) 

 

のりものがたり

 
戦後日本人が再び空を飛ぶことを許された翌1953年夏、グライダーのメッカ霧ヶ峰滑空場でその名も霧ヶ峰式「ハトK14型」が青く広い空から着陸してきました。ウィンチで風を裂き空に舞い上がり音もなく優雅に滑空する姿に心奪われたI少年。
「なんてキレイなんだろう…」少年のモノの見方の基準・原体験ともなったのはグライダーです
ニッコウキスゲが優しく揺れる高原、「晴れた日の喜び」というその花言葉の通りI少年に新しい感動と気持ちが溢れました。
「飛ぶものは飛んでいる時が美しい」そして「動くものは動いている時が美しい」のだ、と。


 
※第二次大戦終結後、連合軍駐在とともに飛行機の製作・研究・運航の全てが10年間禁止され、それまでの航空産業各社は解体され他業種へ転換を余儀なくされました。
 
(ダイナミックスCP編集委員:Sa)   
GKデザイングループ