COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    相談役 一條 厚
    監査役 藤本清春
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
ヤマハ発動機株式会社 RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。(北米向け)
ヤマハ発動機株式会社 YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台 。(欧州向け)

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

 求人案内 
 

 

2016年度冬期学生セミナー、終了しました。
2017年度のセミナーや活動など、随時更新していきますのでお見逃しの無いように!
 

   

※弊社GK Dynamics Inc.への直接のお問合せは
 お受けできませんのでご了承下さい。
 
 
 

 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザインに限定されない日々のリアルな活動がご紹介できるFacebook Pageを始めました。
 


 
 

冬期学生セミナー
終了

 
1月25日から27日の3日間、GKデザイングループのGKダイナミックスとGKIDの2社共催による学生セミナーを開催しました。
日本各地から集まった学生にとっても、現場デザイナーの話しや他校・他学部の思考方法など、刺激を得る良い機会になったのではないでしょうか? 

 

 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 
桜の季節に思うこと
都内は染井吉野がおわり八重桜も満開を過ぎつつあります。毎年この時期は桜の木の下を歩きながら、圧倒的な存在感と物量の花びらに噎せ返りつつ深呼吸をし、年末年始とは違う節目を意識します。新たな年度を迎えるにあたり、ちょっと昔のことを思い出してみました。
今でこそモーターサイクルのデザインをさせて頂いてますが、始まりはちょっとした切っ掛けでした。学生の頃バス停で聴きなれない轟音に振り返ると、直ぐ脇をすり抜ける黒っぽい金属の塊が見えました。最初は何だか良く分からないまま「なんだあれ?」「スゲー?」と意味のない心の声を発しつつドキドキするだけ。実はこれがモーターサイクルを意識した最初の体験です。その原体験が今の職業に細く長く?がっているのだと感じています。
モーターサイクルデザイナーとなって直ぐは、少ない経験と情報の中、ここはああしよう、こうしてやろうと、ワクワクしつつ仕事をしていました。主観を軸に客観情報をかき集め、俯瞰した確認もそこそこに具体的なモノに神経を集中していました。今思えば、その結果は自分善がりな狭義なデザインであったかもしれません。
さて、そんな昔ばなしを思い出しつつ現状を見てみました。モノからコトと言われ久しいですが、今時のデザイン≒ソリューションという極端な解釈に多少の違和感を感じています。
社会の中でのデザインの役割や重要性の広がりを表すには良い言い方であると思いますが、モノ造りのデザインでは、本来は良い「モノ」を生み出す為の「コト」であるはずで、生み出す為のプロセスや仕組みだけでは成り立ちません。
これからも、「動態の美」のメッセージを核にソリューションとして広げたデザイン手法を
組み合わせ、最終的に見る者がドキドキする満開の桜の様な、「心を動かすモノ」に集約できればと考えています。
 

 

(動態デザイン部シニアディレクター:T記)   
CMFGデザイナーの独言

 
既に青い葉がつき始めた桜の樹々を目にすると、改めて日本の季節の移り変わりに気付かされます。春とは違う夏、夏とは違う秋、そして冬を迎えて、また春が訪れるという当たり前の事実は、私たちに多くのものを与えてくれます。次の季節をどう迎えるかという意識と時間感覚。景観の変化にともなう無常観と美しさの多様性。そして身近なところでは気候に合わせた衣類の工夫と楽しみ。私は、4年間ほどバンコクに駐在していました。南国特有の開放的でとても楽しい場所でしたが、日本のような季節の変化に乏しいのは否めません。衣類は当然ながら夏服のみ、日本の秋冬のように重ね着で複雑なニュアンス表現を楽しむというのは、常夏の国では現実的とは言えないでしょう。また、現地の強い日差しや街中の色彩環境下では、日本の秋冬のような細やかで微妙な配色効果が得づらい反面、現地の一枚のシャツ単体にはシェイプや発色等において強い主張を感じたものです。
以前、このコラムで「デザインとは、周囲の環境や社会との関係性、そして経験を通して培われた知恵が大きく影響する仕事」と書きました。上記の服飾についても同様で、これはデザインの優劣とは関係なく、「美」を生み出す意識や手法が必ずしも同じではないということでしょう。異なる季節の趣に対峙して情緒を豊かにしていくように、こうした地域の違いに刺激を受けることで、私たちのデザインもまた発展していくのだと思います。
 

 (動態グラフィック部ディレクター:Y記) 

 

のりものがたり

 
放課後の草野球が終わると、立川基地の滑走路の端で離着陸を眺めて、その後に模型屋に寄るのが少年の日課であり、自分なりに納得のいく帰宅ルートでした。
プラモデルが「輸入」され始めた頃、それはとても高価で、とても子供がお小遣いで買える物ではありませんでした。
子供が買えるのは、せいぜい朴の木の大雑把な型とそれを削る小刀のキットだけ。
でも少年は、適当な形状の飛行機っぽいおもちゃを作りたかった訳では無く、大好きな憧れの機体を作りたかったので、あれこれ思案して考案したのがケント紙を使った方法です。
それは紙を巻いて胴体や翼を作る、自分だけで考えた制作方法でした。この作り方をできる人が今でも他に居ないのが、半世紀後の少年のちょっとした自慢です。

 

(小学校3年の第1作ペーパーモデル 中島(現スバル)97式戦闘機)

写真から50分の1図面に起こし、好きな機体がゼロから作れると思うと世界の名機の姿が頭の中を駆け巡り制作意欲を刺激しました。資料がない細部は神田の古本屋で日がな立ち読みです。古今東西の機体形状の多様さにあれもこれもと魅了されましたが、小遣いで買える冊数は残念ながら限られる!!一所懸命画像を目でなぞり、脳裏に形を記憶させて急いで帰宅するのが常でした。  
 
知らぬ間に、2次元の姿を3次元の立体にする勘所を磨くいい経験を子供ながらに重ねました。模型作りはいろいろなことを教えてくれます。設計者が何を考えたかが形を通して手の中で理解できるようになるのです。紙から飛行機が作れる!少年はモノを創る楽しさに夢中になっていきました。

(ブリュースターF2Aバッファロー 戦闘機らしからぬ温和さがチャーミング)

 

(ダイナミックスCP編集委員:Sa)   
GKデザイングループ