COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    相談役 一條 厚
    監査役 藤本清春
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
YAMAHA Motor USA RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。
YAMAHA Motor Europe YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

応募案内
 

 

学生セミナー、応募は締め切りました。沢山の方の参加希望、ありがとうございました。
 

   

※弊社GK Dynamics Inc.への直接のお問合せは
 お受けできませんのでご了承下さい。
 
 
 

  
 
 
 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザインに限定されない日々のリアルな活動がご紹介できるFacebook Pageを始めました。
 


 
 

 
 
 

トルコデザインウィーク 
審査員として参加

 
DESIGN TURKEYはトルコ輸出省が2008年から開催している国際デザイン賞です。工業デザイン・ファッション・ビジュアルコミュニケーション・設計といった多岐にわたるデザインに対してプレゼンテーションと審査が行われます。本年度は10月19日から23日まで、弊社から與語取締役が審査員として参加しています。
詳しくはDESIGN WEEK TURKEYのサイト、designweekturkey.com をご覧 下さい。
 
 

 
 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 
かつて学生時代に先輩から「アイデアを考えるときに必要なのは、その人がどれだけ形に対する引き出しを持っているかなのです。何も無いところからデザインはできません。だから様々なものを見て感じ、自分が良いと思えるデザインはすべてスクラップブックに溜めておきなさい」と言われました。当時はパソコンも無い時代で、買い集めたデザイン系の雑誌から様々な写真を切り取り、保管していたものです。会社に入ると今度は「君たちはオートバイのデザインを行うために過去のモデルやライバルの車両を勉強するのは当然として、それだけでは新しい形は生まれないものと思いなさい。デザインを創造するには、オートバイ以外のもの、例えば建築や芸術の世界等、自分が良いと思えるテーマを見つけ、徹底してそこから学びなさい」と上司に諭されました。周りの先輩たちはというと「SF映画に出てくる乗り物は刺激になるね」とか「アメリカとヨーロッパの自動車の違いはね」「戦闘機は究極のプロダクト」「野生の動物の動きって素晴らしい」等々、それぞれに拘りのテーマを持つ人ばかりでした。自分も同様にテーマを定め取り組んできましたが、学生時代に先輩が伝えようとした「自ら求めた蓄積の上にのみ創造が生まれる」という事実を、時を経た今だからこそ実感するのです。

 

(動態デザイン部グループリーダー:U記)   
CMFGデザイナーの独言

 
Factory Automation」と「Human Creation」という言葉が頭に浮かびました。
A国で毎日100個生産できる機械をB国にも導入したら、おそらく同数の生産が可能でしょう。それこそが機械化による安定生産というメリットです。しかし、A国で10人のデザイナーがしていた仕事を、B国の10人のデザイナーができるとは限りません。仮に、A国の10人がそのままB国に移ったとしても、果たして同じ成果をあげられるでしょうか?
デザインとは、周囲の環境や社会との関係性、そして経験を通して培われた知恵が大きく影響する仕事です。上質なデザインアウトプットの実現というデザイン生産性を高めるには、人数規模や機材の拡充ではなく、デザイナー自身を磨いていくしかありません。
かつて故・栄久庵会長はインダストリアルデザインを通して「美の民主化」を謳いましたが、多くの人々が様々な製品やサービスの恩恵を受けるようになった現在、便利なソフトやツールによってデザイン行為そのものが「民主化」されつつあるとも言えます。
幅広い知見を駆使してより良いデザインを生み出すことと、デザインを誰にでもできる行為とすることの違い。改めて「民主化」の意味を考えています。

 

 (動態グラフィック部ディレクター:Y記) 

 

のりものがたり

 
小学1年生が嬉々として飛ばしている飛行機は「ヒコーキ」と呼ぶのが相応しい。昔は秋を迎えると子供達は皆競ってヒコーキを作って飛ばしました。朴の木のプロペラ、竹ひごを蝋燭で炙りながら曲げた翼、シンプルな部材をニューム管に差し込み繋げる、 霧を吹いた薄紙の翼はピンと緊張し、ゴムを捻ったゴム動力で回転するプロペラはあくまでも軽やか。 構造はシンプル、しかし作り方一つで飛ぶか飛ばないかが決まるのがライトプレーン(ゴム動力プロペラ飛行機)。
重要なのは翼と重心。単純な形の中に、現在の航空力学の基本が凝縮されているのです。子供達は自分の手で作り飛ばすことで「なぜ飛行機が飛ぶのか」を学んでいました。
 細心したヒコーキが風に乗り3分近く空を舞い、小学校の屋根に着陸してしまい泣く泣く回収を諦めたことも。
ライトプレーンが上昇し飛ぶ、それだけを夢中に求める美しい時間。
性能はクラフトマンシップにより引き出されます。美しい機体程よく飛ぶ、つまり美しいものは性能も優れている、子供心に会得した真理はその後も少年のバイブルになっていきました。

 

(ダイナミックスCP編集委員:Sa)   
GKデザイングループ