COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    相談役 一條 厚
    監査役 藤本清春
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
ヤマハ発動機株式会社 RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。(北米向け)
ヤマハ発動機株式会社 YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台 。(欧州向け)
                                             
ヤマハ発動機株式会社 Star Venture
信頼性と走りの楽しさを備え、
より快適に長距離ツーリングを楽しめるモデル(北米向け)

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

 求人案内 
 

 

2017年度のセミナーや活動など、随時更新していきますのでお見逃しの無いように!
 

   

※弊社GK Dynamics Inc.への直接のお問合せは
 お受けできませんのでご了承下さい。
 
 
 

 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザイナーの目を通して視る日々をご紹介するFacebook Page。
 
 


 
 

デザインセミナー
 

 
2017年度のセミナーは現在検討中です。

 

 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 
始業の季節に思う事
 
新年度には、なんやかんやと新しい事が始まります。そんな中には自分にとって新機軸となるも混ざってきます。大学生になり2~3年経った頃の年度初め、それまでガテン系のアルバイトばかりしていた自分にとって新機軸となるデザイン事務所でのアルバイトを始めました。ほぼ1か月間、朝から深夜まで建築のスケールモデル用の小物を作っていましたが、その期間中、蔵書棚から当時気になっていたホンダのライフという車の掲載雑誌を探し出し、休憩時間中食い入るように見入っていました。
 
ホンダライフ360GFL ダークグリーンメタリックの4ドアセダン。今の様に、ネット検索など出来ない時代にあちこち探し回り、偶然、街道沿いの小さな中古車屋さんで見掛けた26万円の値札が付いた小さな車体は、将に探していたそのものでした。後先考えずその場で交渉を始め、数日後には購入していました。
 
車なのに手の内で扱えそうなサイズ感、その中で最大限に頑張って普通車の振りをしている健気な車でした。僅か360㏄の排気量しかないので、発進時は1~3速まで毎回レッドゾーンまで引っ張る過酷な乗り方をしていましたが、4人乗って100㎞/h以上の巡航が可能という中々の頑張り屋でした。
 
その反面おもちゃの様でもあり、灰皿にスリット状のアクリルを嵌めて光らせたり、ラジオをドアに括り付けたり、ホイールを塗り直したり、正月飾りをつけたりと、気軽なカスタマイズも楽しめました。この頃は単車に乗るのは極稀で、買い物から通学、ドライブまで何処へでも車で行きました。
 
その後、年20,000㎞のペースで乗り続ける間、ギアーのシンクロ機構が壊れ、旧車が得意な車屋さんに大枚はたいて修理に出しましたが治らず、ギアチェンジの度にダブルクラッチを踏み続けました。或る時からE/Gの揺れが激しくなり、まともに乗っていられなくなりながらも、社会人数年目の頃まで乗っていました。自分なりに原因を探ってみましたが素人には手に負えず、最後はこの種の車両を比較的多く置いてい
た近所の解体屋さんに引き取って貰いました。今もパーツ毎に新たな役目を全うしてくれていれば嬉しいです。
 
そんな、車という乗り物に出会って新たな生活が出来ましたし、今も享受しています。今思えば自分の足から始まり、自転車→モーターサイクル→車と、気ままな移動の欲求を移動具で補いながら楽しんできました。陸上のみならず、海、空、宇宙と展望は広がりますが、何処まで辿りつけるでしょうか。
 
これら移動具は、当時の自分の可能性を拡げる新機軸となる道具でありました。次はどんな新機軸に出会えるだろうかと期待しています。
 
(動態デザイン部 シニアディレクター:T記)

CMFGデザイナーの独言  

 
「文様」の話
 
我々はデザインの対象を「道具」として捉えます。創業者の故榮久庵憲司は「道具」を「人の道に具わるもの」と表現しました。つまり我々にとって「道具」とは単なる機能を満足させる用具ではなく、人の生活を美しく豊かに彩るために具わる物事でなければなりません。
 
人類史において最も重要とされてきた「道具」の一つに「神器」があります。青銅器や鉄器としてつくられたこれらの道具は主に神事に用いられ、その表面には常に「文」(あや)が刻まれていました。アジアにおいては中国の「饕餮文」(とつてつ・もん)などが特に有名です。「饕餮」とは「怪獣」という意味で、表面に刻まれた文が怪獣の面に見えることからこのように名付けられました。この「饕餮文」は人類最古の装飾文様のひとつです。しかしなぜ「神器」には常に「文」が刻まれるのでしょうか。
 
東アジアを代表する中国刊本の研究者である林昆範教授によれば、時代をくだっていくにつれ「文」の機能が分化していき、記号的側面が強調されたものは「文字」となり、装飾的側面が強調されたものは「文様」となったといいます。人類が「文字」「文様」を獲得する以前、それらは同一のものであり同源であったのです。道具の人類史を紐解けば、道具は常に装飾文様とともにありました。それは道具には常に目的があり、そこにはひとの意志(言葉、意識)が介在しているからです。つまり少々乱暴に言えば、「道具」とは「物体にひとの言葉や美意識が刻まれたもの」と言い換えることもできます。「機能」と「装飾」は道具にとって本来不可分なものなのです。
 
我々が「CMF」(Color, Material, Finish) に対して「G」(Graphics)を付け加える理由のひとつがここにあります。我々はグラフィックを「虚飾」として捉えていません。それはインダストリアルデザインの対象にとって、人の道に具わるものとしてなくてはならない要素なのです。
 
(動態グラフィック部  ユニットリーダー:MK記
 
 

のりものがたり
 
宇宙とニュースと「コスモ」
 
宇宙空間へクルマをロケットで運んだイーロンマスクのニュースには驚きました。その時に閃いたクルマはその名もズバリ「コスモ」。1967年、マツダのロータリーエンジンを搭載したスポーツカーです。これを当時一人でデザインしたのはマツダ最初の社員デザイナーで、私のGK入社時のボスの小林平治さんです。自由人であった彼は雨が降ると傘がないからと会社に行かない、封切り映画を観るからと会社に行かないなど、逸話多き人でした。ファミリアロータリークーペ、初代ボンゴなどの逸品を手がけた伝説の人です。
 
彼との出会ったのは大学時代に耕運機やトラクターの原寸クレイモデルづくりのお手伝いをしたときでした。追い込みで忙しいはずの週末の工房で、二人は無駄話(?)で盛り上がり、多くの時間はそれに費やされるのです。映画や乗り物や音楽やSFやら話題は多岐に及び、結局はいつも朝になるのです。映画では「スクリーンに見える道具をよく観察すると面白いよ」と言われ、そのデザイナー的観察眼には目から鱗が落ちるような思いをしたものです。かようにモデルを作りながらの会話は無駄話から拡がり、やがて造形論などのデザインの核心にも及ぶのです。そして朝には見事な造形が出来上がるのには感心しました。楽しく深く美を生み出す小林ワールドの時間でした。
 
またGK時代には、当時販売が芳しくなく、ヤマハ発動機の磐田工場に在庫が並んでいたあのトヨタ2000GTのマイナーチェンジのデザインも彼が手掛けたのを記しておきます。そのような縁から「小林さん、売れないからよければ1台差し上げますよ」とヤマハ発動機のご担当から申し入れがあったそうです。しかし彼は全く物欲のない人で、「いやあ僕はいりませんよ」と答えたとか。それを直に聞き「え〜っ、うっそ〜、小林さんバッカじゃないの〜」と凡人である私は驚愕しました。常人ではありません。道具と人間デザインが大好きな、ユニークで好奇心に満ちた、まさにデザイナーでした。
 
半世紀を過ぎてもコスモには時空を超え、宇宙や空を想い起させるのは、水平ライン基調の伸びやかな飛雄するかのような軽快なフォルムゆえなのでしょう。なかでも去り往く後ろ姿の残像は比類なくチャーミングです。その小林さんは58才で突然空高く旅立ってしまいました。訃報のニュースに触れ、そんな「コスモ」を宇宙(コスモ)に飛ばしてみたいと思いを馳せたのです。
 

 
GKデザイングループ