COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1981年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    相談役 一條 厚
    監査役 藤本清春
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
YAMAHA Motor USA RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

求人案内
2017

 
 
 

  
 
 
 
 
 
 
 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザインに限定されない日々のリアルな活動がご紹介できるFacebook Pageを始めました。
 


 
 

 
 
 

文化交流会 8月3日
「GKグループのデザイン思想と歩み」

 
東京藝術大学と韓国の祥明大学校の文化交流事業の一環で学生たちが弊社を訪問されました。
弊社の一條からはGKグループのデザインとその思想についての説明をさせて頂きました。事前にインターネットで弊社の概要を調べていた学生たちですが、実際に我々が日々携わるデザイン領域が非常に広い事に驚かれたようです。
「触れる地球」を含めた常設の展示も良い刺激になったようです。
 

 
 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 
初めて自転車に乗れた時の感動は、それまで経験したことのない出来事として記憶されているのではないでしょうか。最初はバランスすらとることもできず、車両がふらつき少しも前に進まず、もどかしかった状態から、体が自然と反応し、ペダルを回転させて走り出した瞬間、乗り物との不思議な一体感をもたらしたはずです。
「棒族」とは、車両を支えていなければ自立できない、或いは、手、腰、つま先等、体全体でバランスを保っていなければ直進すらできない、人が積極的に関与しなければ成立しないプロダクトと解釈できます。結果として、乗り手は必然的に全神経を集中させ、乗り物の微細な挙動も察知し制御することが要求されるのです。その関係を「身体感覚の延長」と捉えられることが、プロダクトの開発目標の一つであり、デザインで表現するべき重要な要素でもあると考えます。
例えば車両に跨った際、無駄なく収まりの良いカタチには、車両のサイズや求められる走行機能等の基本条件を満たしながら、常に人間の寸法や形状を織り込むことで、見た目の美しさのみならず一体感に通じる、触感の心地よさまでも表現されているのです。

(動態デザイン部グループリーダー:U記)   
CMFGデザイナーの独言

 
かつてGKデザイングループの会議において、故・栄久庵憲司会長が「デザインには遊びが必要」と言っていたのを覚えています。「遊び」というと、ともすれば「突飛で面白い形や図柄」と誤解されるかもしれません。しかし、会長の言葉は、そのデザインに接する人に対して「ゆとり」や「気遣い」が備わっていることが大切だということを意味していたのだと思います。
数値的に実証された機能的な形態や配色は、その有益性自体は理解できても、時に圧迫感やつまらなさを感じさせることがあります。私たちの携わるモーターサイクルを中心としたプロダクトデザインにおいても、ただ数値的な機能や流行への適合性を追求して具現化するのではなく、その価値を十分に享受できるような人々の心の在りようを作り出すことが大切です。それは、時にエンターテインメント性の強いものかもしれず、時にリラックスした印象を与えるものかもしれません。
自分勝手な思い込みではなく、相手に対する気遣い。理性的な納得だけではなく、感性的な共感の喚起。前回のコラムで述べたように、モーターサイクルのデザインにおいて、製品の走行性能に一切寄与しないカラーリングやグラフィックの価値は、この「遊び」と深く結びついています。

 (動態グラフィック部ディレクター:Y記) 

 

のりものがたり

 
戦後日本人が再び空を飛ぶことを許された翌1953年夏、グライダーのメッカ霧ヶ峰滑空場でその名も霧ヶ峰式「ハトK14型」が青く広い空から着陸してきました。ウィンチで風を裂き空に舞い上がり音もなく優雅に滑空する姿に心奪われたI少年。
「なんてキレイなんだろう…」少年のモノの見方の基準・原体験ともなったのはグライダーです
ニッコウキスゲが優しく揺れる高原、「晴れた日の喜び」というその花言葉の通りI少年に新しい感動と気持ちが溢れました。
「飛ぶものは飛んでいる時が美しい」そして「動くものは動いている時が美しい」のだ、と。


 
※第二次大戦終結後、連合軍駐在とともに飛行機の製作・研究・運航の全てが10年間禁止され、それまでの航空産業各社は解体され他業種へ転換を余儀なくされました。
 
(ダイナミックスCP編集委員:Sa)   
GKデザイングループ