COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 與語武彦
    
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
ヤマハ発動機株式会社 RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。(北米向け)
ヤマハ発動機株式会社 YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台 。(欧州向け)
                                             
ヤマハ発動機株式会社 Star Venture
信頼性と走りの楽しさを備え、
より快適に長距離ツーリングを楽しめるモデル(北米向け)

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

 求人案内 
  

現在、採用活動は行っておりません。採用ある場合は随時告知いたします。 
 
 

 

 
 

 
 
 

 

GK Dynamicsをまじめに楽しむ
 

  デザイナー達が「放課後」に創ったモノや楽しんだコト、デザイナーの目を通して視る日々、HPのスケッチの製作コメント等を各SNSで紹介しています。

 
 


 
 
 

デザインセミナー
 

現在、予定はありません。実施の際は随時告知いたします。

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

プロダクトデザイナーの独言

 

「 未来はゲームの姿でやってくる 」
 
皆さんはVR(バーチャルリアリティ)をお試しになったことはありますか?
映像を立体として映し出すような試みは、赤と青のセロハン眼鏡を使った3D映画から始まり、様々な研究と製品が世に出ては消えていきました。数年前の3Dテレビのほんの一瞬のブームのように、いずれも定着することは無かったように思います。
 
実体のないものを違和感なく視覚に訴えるのは、それほど難しいということでしょう。特に映像機材は、周辺技術と魅力的なソフトウェアの継続的な供給が無いと、移り気なカスタマーは継続して使ってくれないという側面も大きいのでしょう。
 
しかし現在では、HTCOCULUSの二社が切り開いたVRの世界は既に定着し、デジタル空間を体験する新たな手段として活用されています。一般家庭への普及率はまだ高くないですが、コストダウンによっていずれ解決されるでしょう。今回紹介するこの映像は、今年発売された”half life alyx”というシューティングゲームですが、そこにいる感覚がすごくよく出来ていて驚かされます。映画 ”ready player one” で描かれたようなVR体験は実は結構近くまで来ているんです。
 
【映像:half life alyx _ https://www.youtube.com/watch?v=vESvTNLK8k4
 
テレビゲームの世界だろ?大人の私には関係ない話…そんな風に思っていますか?
実を言うと、VRはモノづくりの世界では既に広く使われているんです。例えば、プロトタイプを作るもっと前に、3DデータをVRでチェックして問題が無いか検証したり、あるいは工場の組み立て工程で手順を間違えないように映像で教えてくれたり、またある時は遠隔地のクライアントとVRでミーティングしたりと。職場でVRヘッドセットを被っている姿を想像すると違和感があるかもしれませんが、既に映画を超えてVRは現実世界と切り離せないものになっています。
 
大人が眉をひそめるゲームの姿を借りて世界が変わっていくなんて、なんだかわくわくしませんか?怖がらずにちょっと試してみませんか。
 
( プロダクト動態デザイン部 ユニットリーダー 本田 宗久 )
 

CMFGデザイナーの独言  

 

「分かる事」と「出来る事」は違います
 
大人であれば、「分かった上で出来る」というプロセスが通常で、「分かっていないけど出来る」という言葉には違和感があるかもしれません。しかしながら、誰しも「出来る事が先」という経験があったことも事実です。例えば小学校で学んだ九九。「インイチガイチ」「インニガニ」といった、語呂にもなっていない八十一の言葉を呪文のように毎日繰り返す事でいつの間にか掛け算が出来るようになり、少し遅れて掛け算の仕組み自体の理解も深まっていく。このように、まずは「反復練習」や「日々の積み重ね」を行う事で理解が後から追いついてくる事例は、スポーツや楽器の演奏、外国語の発音にもあてはまるかもしれません。
 
では、デザインはどうでしょうか。
デザイナーの仕事も、入社してすぐの頃は「出来る事が先」という経験が多かったように記憶します。先輩が発する「もうちょっとシュッと」「もう少し太めの1mm」といった言葉は、何かの暗号かと思うほど理解ができません。しかし、分からないながら手を動かしてスケッチやモックアップ作りを繰り返す事で次第に出来るようになり、さらに言語化して後輩に伝えていく頃には、自らもその理解を深めている。
 
言い換えれば、反復練習を繰り返した先にある「分かる事」とは、「型」と捉えるられるのかもしれません。GKとしての「型」、あるいはCMFGとしての「型」を一つ一つ身につける事で成長し、さらにその「型」を極めた提案、もしくは「型破り」な提案をプレゼする。そうしたそれぞれの「型」に魅力があるからこそ、この仕事を長く続けられているのだと思います。
 
魅力的な「型」はもちろん、多様な個性や考えを受け入れる土壌と組織文化がこの会社には存在します。タイプの異なるデザイナーの個性を組み合わせて、物事の本質を静かに見極めた上でデザイン提案を行う。「グワッと」「シュッと」「太めの1mm」といった社内でしか通じない言葉の数々も、まずは「GK流の型」を身につける反復練習の表れなのかもしれません。
 
( CMFG動態デザイン部 / 経営企画部 井上 弘介 )
 


   
のりものがたり

 

「 地味なモデルを語る 」
~ヤマハ発動機 2号機 YC-1、3号機 YA-2について~
 
1956年 YC-1 】
 

 
ヤマハ発動機はYA-1よる2輪事業への参入翌年には、上位機種となる排気量175ccの YC-1を登場させました。因みにYA-1や YC-1などの機種名には法則があり、50ccは F60ccJ90ccH125ccA175ccC250ccD350ccRというように、1970年頃までのモデルは数字の表記が無くても車名から排気量が分かります。
 
YC-1では、市場参入時の習作とも言えるYA-1からデザインが全面変更されました。レースを席巻したYA-1でしたが、当時の販売の主戦場は物を運ぶ実用車だったので、実際の使われ方や道路事情を考慮した対策と考えられます。
 
スポーティなパイプフレームに替わって、当時業界の主流であった、量産性とコストと堅牢性に優れたプレスバックボーンとなっています。同様にフロントフォークもボトムリンク式が採用され、大きくイメージを進化させました。フェンダーは泥除け性を考慮した深い形状ながら、優美さを感じさせる造形に仕上がっています。
 
思わず唸らされるようなタンクの塗装とメッキとの2トーンのバランス、それに調和するシートのフォルムはさり気なくライダーを包み込むかのようにエレガントです。またエンジンからフレームへの繋がりには如何にもデザイナーらしい主張を見て取れ、創造の世界へ解き放たれた担当者の意欲と造形力を各所に感じさせる作品と言えるでしょう。
 
得もいわれぬ濃厚なグレーとマルーンのコンビネーションによるカラーリングもまたYC-1の大きな特徴となっています。このグレーには逸話があります。当時GK( Group of Koike)メンバーが師事していた東京芸術大学の小池教授が「車体色はシャンゼリゼの濡れた舗道のイメージだ」と方針宣言しました。しかし誰もパリなど行った事はありません。この時彼は、「カラーを考えるとは、如何に頭の中でイメージを膨らませられるかだ」と伝えたかったのでしょう。パリのそれもシャンゼリゼの雨に濡れた舗道だからこそ、この色が生まれたに違いありません。
 
そしてこの背景には、数多くのフランス映画が封切られ、シャンソンがラジオやレコードから普通に流れる、当時の日本の日常がありました。私もシャンソンのレコードをよく聞いたものです。シャンゼリゼは誰もが映画を通して観ていたので、 GKとヤマハの間でもイメージが共有できたのでしょう。そしてポイントは、彼らの観ていた映画が白黒だったことです。これ程洒落た配色の実用車は世界にも例がありません。
 
 
1957 YA-2
 

 
優雅な流線型の YA-1YC-1から一転し、逞しさを感じさせる角断面基調へと変化しています。軽快でありながら力強さを感じさせるユニークなスタイリングで、モーターサイクル初の「グッドデザイン賞」を受賞しました。「スポーツのヤマハ」と「デザインのヤマハ」というイメージがこうして確立し始めます。
 
GKインダストリアルデザイン研究所は設立当初からドイツのバウハウスに代表されるモダンデザインに大きな影響を受けています。 YA-1がレイモンド・ローウィなどのアメリカのストリームラインに影響を受けたなら、 YA-2はバウハウスの影響を受けたと言えるでしょう。
 
角断面を用いた簡潔で明快な造形からも、そのモダンデザインの主張が窺えます。禁欲的なグレーの車体色、そこに赤の音叉マークがセンスの良いワンポイントアクセントとして配置され、絶妙に洒落た印象にまとまっているのには恐れ入ります。プレスフレームは塗装面積が大きいので色は重要な要素ですが、当時の他メーカーは黒ばかりで、このように絶妙な色使いは珍しい存在でした。
 
多くの人々から「デザインのヤマハ」と評されるようになった過程についてはスポーツモデルを語る機会に譲りますが、その基盤となっていたのは実は地味な実用車であり、それが市場の人々に浸透していったのです。
 
速さやスポーツ性で語られることの多い2輪デザインにおいて、このような実用車にはまずスポットを当てません。こうした機会が無ければ、 YC-1YA-2も知られることは無さそうなので記すことにしました。モノづくりの歴史を認識するに当たっては、ジャーナリストも含め文化的な見識を持って臨んで欲しいものです。
 
ヤマハ発動機が創業後僅か数年で、一気にデザインレベルを上げたこの高まりには凄みすら感じます。多くの方々に磐田市にあるヤマハコミュニケーションプラザで現物を見て感じ、学んで欲しいと思います。歴史は多くを教えてくれます。 GKとヤマハの先人の熱意と執念に対するリスペクトを込めて、今回は2つの地味なモデルにスポットを当ててみました。
 
(フリージャーナリスト 一條 厚)
 
GKデザイングループ