COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
ヤマハ発動機株式会社 RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。(北米向け)
ヤマハ発動機株式会社 YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台 。(欧州向け)
                                             
ヤマハ発動機株式会社 Star Venture
信頼性と走りの楽しさを備え、
より快適に長距離ツーリングを楽しめるモデル(北米向け)

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

 求人案内 
 

 

2017年度のセミナーや活動など、随時更新していきますのでお見逃しの無いように!
 

   

※弊社GK Dynamics Inc.への直接のお問合せは
 お受けできませんのでご了承下さい。
 
 
 

 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザイナーの目を通して視る日々をご紹介するFacebook Page。
 
 


 
 

デザインセミナー
 

 
2017年度のセミナーは現在検討中です。

 

 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 

「共創」を考える
 
 
 あちこちで「共創」という言葉を見聞きするようになって久しい。先日、息子の受験に向けた学校説明会に参加した際にも、資料の中でそれが当たり前のように語られているのを知り、ああやっぱりそうか、と妙に納得したのを覚えている。 

去年か一昨年前だっただろうか、大学生たちを集めたデザインセミナーの場などで、インストラクターとして彼らと間近に接する機会が何度かあり、彼らが皆お互い初対面ながらすぐに打ち解け合って、いわゆる「グループワーク」をそつなくこなしていくのを見て驚かされた。ああ今はこうなんだな、と一人黙々と課題に取り組むのが割と普通だった自分たちの世代との違いを痛感したのと同時に、どうして、いつからこうなったのだろうという疑問が残ったのだが、どうやら近頃は教育現場においてかなり早い段階から協調性やコミュニケーション能力を育成しているのだと、冒頭の学校説明会で腑に落ちた次第である。

「共創」とは読んで字のごとく、様々な異なる視点から活発に意見を交換し、時にリフレーミングを交えながら検討を加え、方向性を見い出してゆくプロセスのことで、これは古くからGKが大切にしている「組織的創造」に通じるものだ。それぞれのデザイナーにはまず武器となる専門性が必要であり、同時に自らとは異なる知見を積極的に取り入れて新しい発想を生み出す柔軟性が求められる。テクノロジーの急速な進化やライフスタイルの多様化が進行している現在、社会課題も多岐に渡っており、領域や分野を超えた「共創」の重要性は今後ますます高まってゆくと考えられる。

デザイナーが何人か集まるとアイデアがどんどん膨らんでゆく。「1+1」は3にも4にもなり、それがまるで化学変化のようで楽しくもある。ちょっと足が地面から浮き上がったようなあの不思議な感覚を皆で共有するのは、デザインプロセスにおける創造の醍醐味である。そんな「共創」のもたらす「グルーヴ感」を我々は持ち続けている。そしてそれが、様々な難題に立ち向かいながら社会に刺激を与え続けるクリエイティブ集団GKのパワーの源である。
 
(新領域デザイン部チーフデザイナー: H)

CMFGデザイナーの独言  

 

日本の色

 

「日本の色」は世界からどう見えているのだろうか。日本人に「日本の色」を問えば国旗の白赤、ワールドカップユニフォームやオリンピックエンブレムに代表されるような藍色などをまず思い浮かべる。「侘び寂び」という言葉に代表されるように控え目な、明彩度を抑えた色相が日本の色合いという認識が強い。国旗の白赤も主は白と答えるであろう。しかし、世界の人から見る日本の色は同じように見えているのだろうか。寿司に代表される和食は一つのプレートに小さいながらも色取り取りの食材を並べて味覚の前に視覚を楽しませてくれる。他にも浅草寺の赤門から繋がる土産屋や新宿の煌びやかな世界感、繊細に織られた着物の色使い、アニメや原宿の若者文化から生まれた独特の色使い、文化の色合いだけでなく春の桜や秋の紅葉の鮮やかな風景など世界から見える日本はもっと彩度の高い世界感に見えているのではないだろうか。
 
控え目、侘び寂び、伝統色だけが日本の文化だけではなく、雅、煌びやか、彩りなどの彩度の高い色彩に関する感性と文化を日本人は持っている。しかし、内に居るのと外から見るのでは重視している視点が違ってきているのではないか。
 
 C(カラー) M(マテリアル)F(フィニッシュ)G(グラフィック)で例えるならば日本人は日常的に文化に触れているため「M」「F」視点が強くなり、世界から見える日本はより視覚に入りやすい「C」「G」視点を強く受け取っていると推測する。日本人が見る世界各国も同様のギャップがあるだろう。
 
 IT化が進んだ情報化社会の中で多くの国の内外の見え方、色彩文化のギャップを体感できることは非常に楽しい時代とも言える。私たちも控え目、侘び寂び、伝統色だけが日本の文化だけではなく雅、煌びやか、彩りなどの「イロドリジャパン」の色彩についてもっと考察すると、より日本らしいCMFGを世界に発信できるのではないだろうか。

 
(動態グラフィック部ディレクター:A記)
  

のりものがたり

 

赤い2階建てバス

 

ロンドンに欠かせないのは街に彩りを添える黒いタクシーと赤い2階建てバス。
ロンドンにいると実感させるものが「乗り物」なのが嬉しいです。緑の多い街並みに補色の赤いロンドンバスは不思議に景観と街並みにマッチし、一転してロンドンタクシーの黒はシックで穏やかなスタイルをともなって街の伝統を醸し出します。
 
バスやタクシーのような公共交通はその存在自体が街の景観の重要な要素になります。街に華や落ち着きを演出する決定的な要素「キラー・ビークル」なのですが、この二つを独自に展開して成功しているのがロンドンです。
 
多くの乗客を運ぶために1階は近距離の乗客用、2階は中距離の乗客用と別れ、入口は乗り易いデッキスタイルです。市内観光に2階席の展望と視野が人気なのも頷けます。「乗りたくなるバス」って日本にも欲しいです。乗客は60Kgの移動物ではなく人間なのです。タクシーの背が高いのはそもそも山高帽の紳士がその帽子を被ったまま乗り降りできるためです。大きなバッグも足元に置ける後席実用空間は、セダンからの派生車では出来ないタクシーならではの居心地のいい空間を演出しています。
 
メトロとともに市の公共交通移動への確かな理念を感じます。

 
 

 

この斬新なデザインの新型バスは2012年のロンドンオリンピックに合わせ導入されました。市内バスならの乗客の乗降の動線を表現するという秀逸な狙いを表現したデザインには当時感銘を受けました。人の乗車から移動、着席、降車までの動線をウィンドウデザインで表す着眼点は上手いです。乗り物には稀有なものである前後左右全てが異なるデザインは目に見える機能表現なのです。昨今は吊り目で強面の顔が氾濫し、街中睨み合い状態ですが、フロント側の丸いヘッドライトがつくる愛らしい表情にはホッとします。大きいものは必然として優しくなければなりません。遭遇したときには斬新ながら出過ぎない大人の穏やかさを感じさせます。
 


 
 
バスは四角いという固定概念に対し、採用されているラウンドした丸さのメリットは、狭い市街を曲がる際の旋回半径の小ささにあります。運転者にも歩行者にも安心安全です。内部空間も四隅や天井が丸く、安らぎと包まれ感を感じさせます。これは人が胎内にいた頃の原感覚にも通じるものなのでしょう。移動物は走る建築や走るインテリアではありません。
 
さて2020年の東京オリンピック、会場への移動にバスは不可欠です。車両のみならず心地よい公共の移動システムの明日が期待され実行できるまたとないチャンスです。ある時期に国の委員会にも関わり、提案もしましたので楽しみです。「OMOTENASHI」の移動とは優しさと温かさとデリカシーを伴う粋のトータルデザインなのでしょう。ロンドンに負けない江戸東京の粋を期待しましょう。
 
 

GKデザイングループ