COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
ヤマハ発動機株式会社 RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。(北米向け)
ヤマハ発動機株式会社 YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台 。(欧州向け)
                                             
ヤマハ発動機株式会社 Star Venture
信頼性と走りの楽しさを備え、
より快適に長距離ツーリングを楽しめるモデル(北米向け)

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

 求人案内 
 

 

2017年度のセミナーや活動など、随時更新していきますのでお見逃しの無いように!
 

   

※弊社GK Dynamics Inc.への直接のお問合せは
 お受けできませんのでご了承下さい。
 
 
 

 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザイナーの目を通して視る日々をご紹介するFacebook Page。
 
 


 
 

デザインセミナー
 

 
2017年度のセミナーは現在検討中です。

 

 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 

ダイナミックデザインにできること
 
 
私たちは「GKダイナミックス」という社名で活動している。
GKは総合デザインオフィスであり、広いデザイン領域を持っている。なかでもプロダクトデザインを行うオフィスは東京に2社ある。GKインダストリアルデザインとGKダイナミックスだ。2社とも共通のGKフィロソフィーをもち、対象領域も重なっているが、デザインのスタイルが違う。GKインダストリアルデザインが端正で美しいモダンデザインを中心とした活動なのに対して、GKダイナミックスは「ダイナミックデザイン」なのだ。
ダイナミックデザインとは、どんなデザインであるか。たとえば静止している道具でも、生命感を感じ「動き」をイメージさせるデザインがある。道具には性格があり「動き」はその道具の性格をわかりやすく表現する。ダイナミックデザインは、道具の動き=性格を直感的に伝えるデザイン手法である。
この手法の基本となるのは、カタチがもつ仮想の中心線:軸のバランスだ。軸が傾いて、見た目のバランスが崩れると、そこから動きが生まれる。道具に意志があると考えると、不安定な状態は動きの予兆になるのだ。
例をあげれば、高い重心は不安定さが増し、結果、活き活きとした生命感を表現する。私たちは道具に活発なイメージを持たせたいときは、見た目の重心バランスを高くデザインすることが多い。
生命感のあるデザインというと、有機的な曲面の形態を思い浮かべると思う。でも、ダイナミックデザイン論から考えれば、それだけではないことが分かる。無機的な機械を、活き活きと表現するのはGKダイナミックスの得意領域だ。
私たちGKダイナミックスは、道具に性格や感情を持たせて、使う人との関係をデザインしている。動きを予感させる道具のデザインから、使う人との豊かな関係をつくる、これがダイナミックデザインにできることである。
 

新領域デザイン部  デザインディレクター:M記)
 

CMFGデザイナーの独言  

 

臓器のCMFG

 

上野の国立科学博物館にて開催されている「人体展」に行ったときの話。そこでは本物の人体臓器と、18世紀当時の技術を用いてつくられた人体構造模型が展示されていました。
 
本物の臓器には強いインパクトがありました。実際、それらを見ていた子供は興奮し、カップルも盛り上がっていました。また臓器の働きを理解させることについてはデジタル画像や映像の方が理解しやすいでしょう。しかし私が感心したのは、何世紀も前のマルチな才能を持った天才たちによって作られた、偏執的とも言えるこだわりと知恵と工夫を駆使した人体構造模です。構造をわかりやすく模式化したものや、リアリズムを追求したものなどがあるようでした。
 
ではなぜ本物よりも偽物の模型の方が印象に残ったのでしょうか。その理由は「CMFG」にあるのではないかと考えました。我々のデザイン業務においてCMFG(Color, Material, Finish, Graphics)を考える際、多くの場合「M」(Material)は本物の素材の価値が最も高いとされます。しかし今回展示されている臓器が本物であるにも関わらず印象の薄かった理由は、「生きている臓器」でなく、ホルマリンに浸されたことによって本来持っていた生体としての色や表情を失ってしまったためと考えます。つまり「CMFG」の「M」(Material)に嘘はなくとも、「CFG」(Color, Finish, Graphics)が欠けてしまっていたのです。
 
他方、人体模型の「M」(Material)は本物とは似ても似つかない代用品であるものの、「CFG」(Color, Finish, Graphics)について言えば、生体から取り出したばかりの臓器を観察し、科学的な知見と想像力あふれる解釈、職人の卓越したセンスで再現したまさに「作品」です。当時の技術では臓器を保存するのにホルマリンに浸す方法しかなく、一般に見ることが叶わない生きた臓器を後進に伝えたいという科学者や医師の情熱の勝利と言えるのかもしれません。このものづくりにも通じるセンスと対象に向き合う情熱が見るものの心を動かすのだと思います。
 
さて入場待ちの長い行列ができるほどに好評な「人体展」です。より技術の進んだ近い将来に企画される展示会では、生きた臓器そのもの、もしくは進化した職人技によってリアルに鼓動する3D模型の展示が見られるのかもしません。その時、長蛇の列に並んでいるのは子供やカップルばかりではないのでしょう。

 
(新領域デザイン部  デザインディレクター:HS記)
  

のりものがたり

 

頑張る国産航空機

 

最近、放映されているホンダのテレビ・コマーシャルで街の交差点に突如現れるジェット機。交通整理のイケメンもあなたも「?」と思うでしょう。小型ビジネスジェットで予期せぬ販売トップになった「ホンダジェット」らしい演出です。ジェットエンジンさえも自社開発なのです。戦後エンジンと機体双方を自社開発生産した例はありません。頑張ったのは、本来クリーンでなければならない主翼の上面にエンジンを配置した大胆な設計。このユニークなフォルムは、高い空力性能と燃費性能と巡航速度の実現に寄与しました。胴体後部のエンジン支持構造も不要になり、その分の空間を個室トイレや荷物室に割り当てることが出来ました。

 

 

「何故、ホンダが飛行機なのか?」という疑問を紐解くには、当時10歳であった本田宗一郎少年の想いにまで遡る必要があります。今から101年前、浜松へ来た飛行機の飛行を見たさにひとり大人用の自転車を三角乗り(今や絶滅危惧種? 当時、子供は大人用の自転車では足がペダルに届かないため、三角フレームの横から足を入れペダルを漕いでいました)で往復40Kmの凸凹の山道を越えました。その時の感動から「必ずいつかは空へ羽ばたく」という大きな夢が生まれ、航空機のピストンリング製造をはじめました。そして世代を越え、空へと想いがつながっていく1世紀におよぶ物語です。
頑張ったもう一例は「辛坊キャスター救出」で知られた、波高3mの荒海でも着水時の波の衝撃を緩和し、極短距離離着水出来る世界に例のない飛行艇「川西US-1, US-2」です。
 
例えれば不忍池でも離着水できるのです(見たい!)。菊原静雄技師率いる川西製飛行艇は、戦前から戦後とその独自技術を研ぎ澄まし世界を凌駕し続けています。海に囲まれた日本は外洋の遭難で多くの命が失われます。この飛行艇は一報を受けるや離水し、現場に急行します。既に救助実績は出動約1000回、救助人数は1000人を超えました。
 

 

 

荒海を絶望のなか漂流するときに耳に聞こえてくるエンジン音、遭難者は近づき低空旋回する機影を万感の思いで見上げるでしょう。尊い命を救うために機能を研ぎ澄ました日本の誇るかたちです。海難ニュースの報を聞いたら荒天のなか着水救助離水へ飛翔するUS-2と乗組員の姿をご記憶ください。 
 
最新の国産航空機については他にも4発ジェット「川崎C-2, P-1」や、YS11以来途絶えた国産旅客機復活の悲願を揚力に「三菱MRJ」が懸命に飛行試験を行っています。

 

 

日本機らしい繊細な姿のMRJが最後の日の丸旅客機機にならぬよう祈ります。
プロペラからジェットへの転換期に設計製造を7年間も禁止されたブランクにもめげず、空への夢を追いかけた人々のバトンは引き継がれています。
来たる五輪の開会式で、再び国産機ブルーインパルスの「T4」が五輪の輪を描くでしょう。戦後の技術発展を支えた立役者、航空機設計者達の願いを日本の翼は乗せているのです。

 
 

GKデザイングループ