COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1981年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    相談役 一條 厚
    監査役 藤本清春
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
YAMAHA Motor USA RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

求人案内
2016

 
 
 

  
 
 
 
 
 
 
 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザインに限定されない日々のリアルな活動がご紹介できるFacebook Pageを始めました。
 


 
 

 
 
 

デザイン講座 6月14日
「骨格と動態デザイン」

 
6月14日、東京サイクルデザイン専門学校の学生に向けて、弊社一條が「骨格と動態デザイン」のテーマで講座を開催しました。
一條が実際に経験してきた乗り物に対して考えた事、また、乗り物から得た「感動」や、人生に対する能動的な感情を共有するべく語られた熱い想いは、現在サイクルデザインを学ぶ若者たちにもしっかり伝わったようで す。
 日本という美しくも厳しい環境で人に響き・活かせるサイクルデザインとは何か?サイクルデザインへの期待 を創発する大変良いコミュニケーションになりました。
 

 
 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 
人馬一体」という表現からは、馬術競技での見事な体さばきや、まさに一体となって風のように疾走しているシーンが思い浮かぶことでしょう。私たちはそれになぞらえ、人と2輪車の関係を「人機一体」と称し、常に人間を中心に据えながら、カタチを創造していきます。なぜ「一体」という言葉が重要なのか、それは先回述べた、自動車等との形態の成り立ちの違いから生まれるものだと思います。それを端的に表した言葉が「棒族」と「器族」。自動車に代表される、人間が納まり操作を行うインテリアと外皮としてのエクステリアが分けられているものが「器族」。それに対し、2輪車のように人間が積極的に重心移動を行うことが操縦の一環として機能しているため、機械に跨る姿勢をとることが前提で、基本的にインテリアとエクステリアの境界が存在しないものが「棒族」と分類されます。言葉の響きからも想像できる通り「棒族」の場合、人間のサイズに対しコンパクトで一体感のあるデザインが理想的ということが理解できます。「棒族」ならではの、機械との心理的な一体感とデザインの関係については次回お話ししたいと思います。

(動態デザイン部グループリーダー:U記)   
CMFGデザイナーの独言

 
先日あるデザイン学生と話をする機会があり、「CMFは、常に使う人と直面し触れあっているのが業務領域として魅力」と語ってくれたことが印象に残りました。この「CMF(Color/Material/Finish)という言葉は、ここ10年ほどで様々なプロダクト分野に重要なデザイン用語として浸透してきましたが、対象項目を直接的に明示する言葉であるために、ともすれば製造プロセス上の単なる物理的・化学的な手法として捉えられがちとの感も否めません。
 しかし、その本質は人に対する心理的効果にあるのです。GKダイナミックスでは、CMFにG(Graphic)加えたCMFGデザインとして取り組んでいると前回のコラムで述べました。モーターサイクルのデザインでは、グラフィックは製品の走行性能には一切寄与しませんが、それを駆るライダーや周囲の人々の視線や感情に、大きく訴えかけることができます。その関係性を作り上げるのが私たちCMFGデザイナーの役目であり、造形と一体化した装いは、モノと人の豊かな関係性を作り上げて行く上で重要な役割を演じているのです。

 (動態グラフィック部ディレクター:Y記) 

 

のりものがたり

 
豊かな国からやってきた様々なモノ、モノ、モノ…。戦後のトラック全盛期に、外国産の車は「走る未来」そのものでした。I少年も毎日新しいモノに触れ、その存在と手触りを何度も撫でる事で確認して、まだ見ぬ世界への夢を広げていました。
オーバーデザインが優勢になってきた時代に、その簡潔な佇まいと心にくいバランスで少年の心に刻みつけられたのが写真のFORD社製Victoria。少年の小さな掌は豊かな張りと滑らかな窪みを堪能し、ヒトとモノの快い関係の原体験となりました。

(ダイナミックスCP編集委員:Sa)   
GKデザイングループ