COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    相談役 一條 厚
    監査役 藤本清春
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
ヤマハ発動機株式会社 RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。(北米向け)
ヤマハ発動機株式会社 YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台 。(欧州向け)

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

 求人案内 
 

 

2017年度のセミナーや活動など、随時更新していきますのでお見逃しの無いように!
 

   

※弊社GK Dynamics Inc.への直接のお問合せは
 お受けできませんのでご了承下さい。
 
 
 

 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザイナーの目を通して視る日々をご紹介するFacebook Page。
 
 


 
 

デザインセミナー
 

 
2017年度のセミナーは現在検討中です。

 

 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 
雨の季節に思うこと。
単車乗りには憂鬱な季節です。走行中の雨は一度濡れてしまえば開き直るのですが、その境地に達するまでなかなか辛いものです。モーターサイクルのデザイン開発でも雨の洗礼を受ける機会がありました。
 
以前、JARI(一般財団法人/日本自動車研究所)の持つ、外気をそのまま取り込み放出する仕組みの実車風洞を利用していました。雨天時は雨が直撃する風洞内部に設置されたモックアップを、テストライダーや設計者と風の当たり方や抵抗値を確認しつつ形状修正を行います。現在は気温や湿度がコントロールされた循環式の風洞を使用していますが、この頃は猛暑や極寒、雨などの悪天候時には、担当者に外気が直に当たるため、とても辛い状況でした。ですがそれ故に、車体にぶつかる外気に対してリアルな実感を伴ったデザイン開発が出来ていたように思います。そもそも、人が直に跨る乗り物であるモーターサイクルのデザインに適したプロセスであったのかもしれません。
 
思い返すに、初めて買った50㏄のモーターサイクルは非力ながら、人の感覚に合った人に近い乗り物でした。初乗りの「漕がないのに進む!」という感動から始まり、50㏄のパワーをどう使いきるかという試行錯誤など様々な試行錯誤を行う関係は、まさに人機一体の間柄でした。
 
また初めて買った360㏄の古い中古車も、当時所有していた大型二輪の半分以下の排気量にも関わらず、レッドゾーンまで引っ張り、4人乗りで100㎞/h以上で走り、造られたころの「精一杯感」が感じられる造りで愛着を持って乗っていました。残念なことに今の安全基準では到底成り立たない仕様ではありましたが・・。
 
自動運転の実用化も間近な車の世界とは違い、モーターサイクルは半歩だけ人に近い関係のまま進化が進むと思われます。人の感覚とそれを実現する科学や技術との良い塩梅を保ち、白か黒かだけではない、より美しい灰色をリアルに探す、そんなモーターサイクルのデザインをして行ければと考えます。

(動態デザイン部シニアディレクター:T記)   
CMFGデザイナーの独言

 
自動車業界では「CMF(Color/Material/Finish)」は、一連の生産プロセスのひとつとして、プロダクトデザイン出身者が担当するのが一般的かもしれません。あまり意識したことはありませんでしたが、私たちGKダイナミックスの「CMFG(CMF+Graphic)」担当部門が、グラフィックデザイン出身者を中心に構成されているのは、やや特徴的なことのようです。
あえてアート的な捉え方をすると、プロダクトデザインは彫刻的と言えるでしょう。自分たちと同じ空間に存在しているという圧倒的なリアリティこそが最大の魅力です。では、グラフィックデザインは絵画的なのかというと、アート性という面では、私は文学の方により近いと思っています。個々単体では特別な意味を持たない様々な視覚要素を駆使して存在意義や価値を創出し伝えていくことと、文字という要素を用いて多様な物語を生み出していくことに共通性を感じるのです。一見実態のなさそうなものでありながら、ファンタジーとリアリティの間で、強い存在感を多彩に示すことができるのも共通する特性でしょう。
プロダクトとグラフィックの両専門性が融合して「文学的な彫刻」を作り上げている。少し大仰な表現ですが、それが私たちのデザインのひとつの魅力と感じています。

 (動態グラフィック部マネージングディレクター:Y記) 

 

のりものがたり

 
「飛行機を見る、撮る」
I少年は、憧れの飛行機を少しでも近くで見たくて滑走路の脇によく通っていました。当時の立川には米空軍基地があり滑走路端の間近まで近づけたのです。4発1万馬力の大型輸送機がエンジン全開で離陸開始するその様は、少年の心身を揺さぶりました。爆音に熱風、風圧に小学2年生の軽い体は浮きそうになり、自然とスキージャンプの空中姿勢(風を逃す態勢)になる稀有な体験でした。
その頃飛行機は、技術の大躍進期でありジェット化や音速突破などを実現していき、機体のフォルムの変貌も目覚ましく、雑誌を見るたびに心踊らせていました。立川/厚木/横田/羽田にはそれらの実物が飛来してくるのです。
離着陸する姿を間近に観察できたのも、少年には幸運でした。小遣いを貯めて旧い蛇腹中判カメラを買い初めて現像した時は、自分の撮影した写真に小躍りしました。デジカメには無い時間差のドキワク感でしょうか。子供の小遣いで買うフィルムは16枚撮りなので一発必撮、無駄にはできません。今では航空写真として確立された分野の草分けに少年は立っていました。
乗り物は動いている時が生き生きしています。まして飛行機は大空で3次元の乱舞を見せるのです。道具には動感があると感じました。
そんなI少年が中学2年生に成る頃、ベトナム戦争の北爆が始まりました。この眼で見て憧れた機体が戦場に出撃するようになり、少年の足は次第に基地から遠のいていったのです。「飛行機好き=戦争好き」と思われることが、多感な少年には耐え難かったのです。飛行技術は進化の過程で戦争に巻き込まれる、道具の別の顔ですが、私達を遠くへ旅させてくれる道具の顔もあるのです。
写真のロッキード社の機体は、流麗なラインが特徴で、アメリカの所謂ストリームラインデザインや4輪車のテールフィンに影響を与えました。 

 

(ダイナミックスCP編集委員:Sa)   
 
GKデザイングループ