COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱東京UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    相談役 一條 厚
    監査役 藤本清春
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
ヤマハ発動機株式会社 RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。(北米向け)
ヤマハ発動機株式会社 YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台 。(欧州向け)
                                             
ヤマハ発動機株式会社 Star Venture
信頼性と走りの楽しさを備え、
より快適に長距離ツーリングを楽しめるモデル(北米向け)

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

 求人案内 
 

 

2017年度のセミナーや活動など、随時更新していきますのでお見逃しの無いように!
 

   

※弊社GK Dynamics Inc.への直接のお問合せは
 お受けできませんのでご了承下さい。
 
 
 

 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザイナーの目を通して視る日々をご紹介するFacebook Page。
 
 


 
 

デザインセミナー
 

 
2017年度のセミナーは現在検討中です。

 

 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 寒の季節に思うこと 
 
一昔前のある年、色々な事が重なって夏休みが取れないまま冬になってしまいました。年度を跨ぐと夏休みが消滅してしまうので、焦って年度末の日程を調整していると、ようやく休めそうなタイミングを見つけ、遅い夏休みをいただくこととなりました。
 
休み直前は原付2種のスクーターで通勤していたのですが、途中にある消防署の前で小型トラックに幅寄せされ歩道にはみ出し、道路標識の支柱に脇腹から激突しました。そのまま目の前で始業準備中だった消防士に救急車へ乗せられて病院へ搬送されましたが、事故直後はあまり痛みも感じず頭もハッキリしていたので、看護婦さんに確認してタンカの上から自分で家へ電話し、病院に運ばれた旨伝えました。後からレントゲンを見せて貰うと、肋骨の先が6本ほど根元と繋がらず宙に浮いています。初めての骨折が肋骨6本と衝撃的な骨折デビューを飾ると共に、その年の冬季夏休みは全て病院で過ごすことが決定しました。
 
そのころの私はそれなりにヘビースモーカーで、通常2箱1日のペースで吸っていました。今思えば単なる脊髄反射で、御飯が終われば勝手に体が動いて自動的に火を点けます。ひどい時には、喫煙中の煙草を灰皿に置いたまま、更に火を点けます。しょうがないので2本まとめて吸っているような様でした。
 
そんな状態なので、入院早々に喫煙場所だけは確認していました。そこは屋外の屋根付きオープンスペースでした。一週間弱が経ち、落ち着いてきた繋がりかけの肋骨6本を庇いつつ、極寒の喫煙スペースへ移動して数日ぶりの煙草に火を点けました。ところが・・滅茶苦茶寒い、そして滅茶苦茶不味い。やっとの思いで吸えた煙草が思いっ切り不味いのです。「一体、俺は何をしてるんだろう?」全世界的な禁煙正義的風潮の中「嫌煙者の権利は守られるべきだけど、当然喫煙者の権利も守られるべきだ」と常々考えていましたし、「意地でも吸い続けてやる!」とも思っていましたが、初めて本当の意味で冷静になりました。そして気が付きました。「ひょっとして・・吸わなくても平気じゃね?」
 
そのまま喫煙休止を試みてから、何だかんだで10年弱の月日が流れています。「どうしても吸いたくなったら吸えばいっか~」くらいにゆるーく考えていたのが良かったのかもしれません。それまで毎日起きてから寝るまで息をする様に吸っていた煙草。自分がそれを止める日が来るとは思ってもいませんでした。今でも嗜好品としては良い面も有ると思っていますが、実は惰性で吸っていただけなんだと、改めて認識しました。
 
日常に埋もれて鈍感になっていたようです。他にも頭でっかちな思い込みがありそうな気がします。
本当に必要な物なのか、ちと考えてみます。
 
(動態デザイン部シニアディレクター:T)  

CMFGデザイナーの独言  

『錦鯉にみるCMFG』
 
趣味としてあまり共感を得られない「錦鯉鑑賞」の話を記します。海外駐在していた頃、日本の文化を外から見る機会がきっかけで、いつの間にか錦鯉の美しさに魅了され15年余り。庭園で優雅に泳ぐ錦鯉を見ていると時が経つのを忘れてしまいます。
 
そうした錦鯉の美しさを競う日本で最も大きな大会が、毎年2月上旬に開催される全日本総合錦鯉品評会です。全国から30余種類約1500匹が東京流通センターに一同に集まり、日本一を競います。評価基準は大きく三つ。代表的な「紅白」の場合、肉付きの良さや体幅の広さといった「体形」。キワとサシの美しさやそのバランスが評価される「模様」。さらに健康的な光沢や白地の透明感に見る「資質」「品位」といった観点です。生き物だけに、成長や環境次第で模様の見え方が劇的に変化し、その評価も変わってしまう錦鯉。美しさの見る目を養う機会としてもお勧めのイベントです。
 
一方で、我々が日々携わる移動具のCMFG業務においても、ある基準を持ちながらスケッチやモックアップを判断しています。大きくは「モデルの個性を認識できる表現であること」「造形の特徴をより良く見せる表現であること」。この二つを大きな基軸とし、個々の表現に関して検討を繰り返しながら作り込んでいます。生き物である「錦鯉」と、工業製品である「移動具」では一見共通点が少なそうですが、ともに色彩嗜好性が多岐にわたり、かつ感性的価値を持つ動態という点で極めて近い存在とも言えます。ひょっとするとモーターサイクルのスケッチを判断する際にも、バランスの良し悪しや初見の印象度など、少なからず錦鯉鑑賞から影響を受けているのかもしれません。
 
かねてより「カラーはその時代を映す鏡である」と捉えることが出来ました。しかしながら、近年の生活者嗜好の多様化から、カラーだけでは的確にその時代を映すことが難しくなっています。CMFGという言葉は、今の、そしてこれからの時代に応じた価値を映し出す、カラーに代わる鏡と言えます。錦鯉に限らず、自動車や楽器、スポーツ用品など、世の中には色彩嗜好性の高いプロダクトが数多く存在します。そうした畑に常に影響を与え続け、その時代を映す最良の鏡であり続けられるよう我々は日々の業務に取り組んでいます。
 
(動態グラフィック部ユニットリーダー: I 記)
 
 

のりものがたり
 
「ヤマハDT-1」美しい薔薇と棘
 
 凛とした美しさと相反する野生的な佇まいは、スリムにしてワイルド、たちまちノックアウトされて一目惚れ。デザインのヤマハが強烈に刷り込まれました。
 
 今は軽快なスクランブラーが流行していますが、そもそも源流はオンモデルをもとにアップマフラーにし、オフタイヤを履かせた車重の重いモデルでした。魅力はありますが過渡期の道具です。そこへ突然デビューした目の覚める軽快なスタイルに、思わず路上で立ちすくみました。野生に品位と美をブレンドした極上の逸品。大地に舞い降りた珠玉のヤマハデザイン。哀れ当時の鈍重なスクランブラー達は一夜にして色褪せてしまいました。
 
   DT-1が日本に北米に一大オフロードブームを巻き起こしたのは卓越した性能だけではありません。無数の人々のハートを鷲掴みにしたヤマハデザインの美しさのなせる技です。駿馬を思わせる長い前後サスペンションストロークに、荒々しいタイヤパターン、前はスラリとスリムで後ろはワイルド。スリムなタンクは流麗なティアドロップフォルム。マフラーもタンクに沿いキリリとくびれてセクシー。まさに人機一体を具現化するヤマハデザインの真骨頂です。今でも痺れます。DT-1の美に痺れた少年達は50ccのミニDT-1通称ミニトレの走りに痺れ、モーターサイクルが誘う、素晴らしくも愉しい魔界に引き込まれていったのです。
 

(DT-1 1969年 名カメラマン帆足てるたか氏とGKがコラボしたヤマハ名車カレンダーより)
 
 
しかし、この駿馬はかなりのじゃじゃ馬で、これほどキック始動が恐怖なマシンを未だに知りません。俗にケッチンと言われるキックを踏み込んで始動しなかった瞬間の強烈な逆転蹴返し現象です。サンダルが屋根まで飛んだの、アキレス腱を切ったのとその逸話は数知れません。やがて憧れのDT-1の中古を手に入れるもあまりのケッチンに恐れおののき、しばらくは押しがけで始動する有様でした。250ccのDT-1の上に360ccのRT-1があり、更にケッチンは強烈で販売店も修理依頼のお客にキックを頼んだほどです。私にとって、RT-1を駆るライダーは憧れの男でした。何故ならRT-1が走ってるということは、その男はエンジンを始動させたのですから。
 
美しいデザインに潜む万人を寄せ付けぬ道具の気位。あの頃、モーターサイクルは乗る人を選びました。気骨があり判断力の優れた人だけが享受できる世界がありました。リビングに居ながら移動するかのような自動運転の時代、草食系の日本では歯ごたえと噛みごたえのある移動具は肩身が狭くなりそうです。しかし時代を超え内燃機関を自らの脚とキックで踏み抜き目覚めさせる、この古典的始動儀式から始まる機械との密なる対話も素敵です。バッバ〜ン。瞬間、人と機械は覚醒します。

(弟分AT-1 125cc 今でもいいものはいい、オールドボーイに懐かしく若者には新鮮)
GKデザイングループ