COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
ヤマハ発動機株式会社 RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。(北米向け)
ヤマハ発動機株式会社 YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台 。(欧州向け)
                                             
ヤマハ発動機株式会社 Star Venture
信頼性と走りの楽しさを備え、
より快適に長距離ツーリングを楽しめるモデル(北米向け)

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

 求人案内 
  

<会社説明会のお知らせ>
 
GKデザイングループは2021年4月の新卒採用に向けて、10月20日に京都、27日に東京にて、会社説明会を開催しました。
 
 

 

 
 

 
 
 

 

GK Dynamicsをまじめに楽しむ
 

  デザイナー達が「放課後」に創ったモノや楽しんだコト、デザイナーの目を通して視る日々、HPのスケッチの製作コメント等を各SNSで紹介しています。

 
 


 
 
 

デザインセミナー
 

 < GKダイナミックススチューデントセミナー>

下記の内容にてスチューデントセミナーを開催いたします。
(※募集は締め切りました。)
 
本セミナーでは当社デザイナーとのグループワークを中心に課題に取り組み、私たちのデザインに対する独自の考え方や表現方法を通じて、デザインへのこだわりや楽しさを体験していただきます。
 
実施する領域は、インダストリアルデザイン系とプロダクトグラフフィックスデザイン系の2つです。モビリティーデザインを志す方は勿論、他の領域を学ばれた方も含め、弊社に興味をお持ちの方に参加いただきます。
 
 
【実習期間】
日 時:2020年3月3日〜3月6日(金)(4日間)
対 象:大学学部3年生、大学院1年生
領 域:1)インダストリアルデザイン

                   (モビリティーを含む)
    2)プロダクトグラフフィックスデザイン

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 

ソーシャル アクセプタンス
 
最近、バイクを含め世の中レトロブームですね。我々の業界ではヘリテージMC(モーターサイクル)と呼び、ヤマハ発動機さんのSRやXSRシリーズがそれにあたります。デザイン的には落ち着きがあり、大人も満足できる普遍性が魅力。ヤマハ発動機とGKが得意とする世界観であります。
 
そんなヘリテージMCの開発に携わり、今のバイクカルチャーの大きな変化を体感しながらGKもデザイン開発を担当させて頂きました。XSR900はGK Dynamics担当、そしてXSR700とXJR1300Cのデザイン開発はオランダにあるGK Design Europeが担当でして、私も駐在員としてオランダに6年間滞在し、現地開発メンバーとともに調査、デザインを行ってきました。
 
その活動において特に印象的だったのがこの「Social Acceptance」。デザインから感じる「古き良き普遍性」以上の強い魅力としてこのブームに沈在している要因でした。日本語で簡単に説明すると「社会に受け入れられるということ」。もう少し具体的に言うと、「自分ではなく、周りの人々から『いい趣味をお持ちですね!」と笑顔で接してもらえる存在であるということ」だということです。
 
操縦する楽しみ、スピードへのあこがれ、マシンへの愛情といったように、モーターサイクルはついついライダーの自己陶酔の世界が主役となりすぎる場合があります。危険、騒音、暴走、反社会的といった悪い印象で外から見られている場合もあるということを少し蔑ろにしないとモーターサイクルの存在感が保てなかったというのが実際のところでしょう。この状況は熟成したモーターサイクルカルチャーを持つ欧米でも同じでした。
 
そんなMC文化の中、DEUSをはじめとしたアパレル業界がMCを取り入れファッションとしての意味合いが増し、またWheel & WavesのようなヘリテージMCを取り込んだイベントが各所で開催され、人とのつながりと場のムードを楽しむ社交性に注目が集まりました。これらがヘリテージMCカルチャーとして急激に開花し、現在も継続されています。MCに乗らない人間から見ても素直に魅力的なコンテンツと、同時に上質なライダーたちの立ち振る舞いにより、ソーシャルアクセプタンスが向上。その動きを一早く取り入れたメーカーがブランドを築けている時代と感じます。
 
一昨年前あたりから、日本でも同じムーブマンスが各所で起こっています。そして、これら活動の企画者はファッション業界やプライベーターの若いライダーたちであるというのもユニークです。トレンドに敏感で、SNSをスマートに使いこなす彼らの動き方はとても刺激的で、MCを絡めながら集い楽しむことを求めている新世代ライダーがMCの社会性を高めてくれそうな気配を感じます。
 
最後に、先日あった少し面白いお話。
現在私は東京都内のマンションに住んでいて、大型バイクを2台保有しています。天気のいい週末はバイク置き場で簡単なメンテ等をしたいなと思うのですが、隣人の方々がどのように思われるか心配でして、出来る限り短時間で作業するようにしています。ですが先日、どうしても少し整備しなくちゃいけないことがあって、息子(4歳)との遊び相手とメンテの両立として、彼と一緒にバイクを整備することにしました。
 
すると、普段では全く起こらないことが、、、
 
なんと、同じマンションの住人数名から声をかけられました。
「大きいバイクね、お父さんすごいね。」
「お父さんのお手伝い?頑張ってね。」
「これなんて言うバイクですか?いいですね、息子さんと。」
 
息子の効果絶大と思いながらも、これこそソーシャルアクセプタンスを作り出す次の手か!?!?このあたりを分析しプロモーションに展開すれば芽があるんじゃない!?!?と感じだ次第です。
 
おしまい。
 
(プロダクト動態デザイン部 ジェネラルマネージャー 清水芳朗)
 
 

 
CMFGデザイナーの独言  

 

「ウリ坊のコンフィ+レンマ的知性 + デザイン」
 
お正月は実家のある千葉に帰省していました。その実家の近くにオープンした「KURUKKUFIELDS(クルックフィールズ)」という施設が、お正月期間限定で無料開放をしていると聞いて足を運びました。
 
KURUKKUFIELDSは、音楽プロデューサーの小林武史さんによって創られました。サスティナブルという循環コンセプトを、現実的な経済社会の中に出現させた壮大なプロジェクト。私の好きな「コトバより行動を」というフレーズそのままに、小林さんご自身の「これからのヒトの生きかた」への意思表示が「農業・食・アート」というコンテンツを通して力強く体現されていました。
 
30ヘクタールという広大な敷地はまるで小さな地球のようです。房総の野生を再現した豊かな森、「母」と名付けられた池と小川の植生による水の清浄循環、そこに棲むカワセミやモリアオガエルなどの生態系、太陽光を使ったパワープラント。眼に見えるものから眼には見えない微生物を含めたキャストの環に、ヒトがちょこんと繋がらせて「いただいている」ことを感じ取れます。
 
肥沃な大地の恵みである新鮮な野菜や食肉は、敷地内にて加工・販売もされています。ソーセージやハムを取り扱うショップでは「ウリ坊のコンフィー」という、なかなかインパクトのある商品にも出会いました。こうした自然の中での循環や生命の現実的営みに身を置いてみると、これからの生きかただけでなくこれからのデザインを考えるきっかけにもなります。
 
「ウリ坊のコンフィー」は、ウリ坊にとって「死」をもたらしましたが、それを食すヒトは「生」の力を授かります。そしてヒトの「死」もまた、それを分解する微生物にとって「生」です。私の日常生活では生と死は区別して考えていましたが、自然界での生命の営みという視点でみれば、生と死は別け隔てなく重なり合っているもの、と気付かされます。そして、この事物を区別せず事物はお互いに関係し合っている思考こそが、これからのデザイン創造には必要な知性になるのではないか、と私は考えました。
 
古代ギリシャ哲学では、理性という言葉には 2つの知性が共存していると考えられていたそうです。1つめは事物をキッチリ分別して整理する「ロゴス的知性」。特に西洋の近代科学において最も重視された知性ですが、言語を礎とするため線形性を帯びています。2つめに、ロゴスの対比として据えられていた知性、「レンマ的知性」です。レンマは事物を分別せず直観として全体を認識し、その思考は非言語的で非線形性を帯びています。
 
そのレンマ的知性によって世界の実相を捉えようとしたのが仏教であり、東洋において稀有の文化を形成していきました。そしてその仏教を辿ると、華厳経にある「相即即入 = お互いが融け合い(相即)、影響し合う(相入)関係のこと」という論理へと繋がります。
 
目の前の「生」の裏には見えない「死」、目の前の「死」の裏には見えない「生」がある。事物のすべては繋がって成り立つ「相即相入の論理」が、自然の循環を実装したKURUKKUFIELDの深部に流れています。海の見える敷地の丘でフワフワのシフォンケーキを頬張りながら、眼に見えないその裏・その先にあるキャストを「見通し・見抜いて・つなげて思考すること」の大事さをぼんやりと考えていました。
 
ロゴス的知性の延長にある現代のAIテクノロジーの隆盛が、逆説的なかたちでレンマ的知性の存在と必要性を明らかにしつつあります。昨今ではアート鑑賞やMFA(美術学修士)、ソーシャルインテリジェンス(人間理解に関するスキル)への意識が高まっていますが、その殆どがレンマ的知性の礎の上に成り立っているといってよいでしょう。
 
幸運なことに、レンマ的知性が文化的に昇華されたこの地に私たちは生を受けました。この地(知)の思考探求と実装こそが、これからのデザイン創造のミッションとして私たち日本人デザイナーには課せられているのではないでしょうか。
 
(CMFG動態デザイン部 デザインディレクター 早瀬健太郎)

 
 

   
のりものがたり

 

「ヤマハ発動機の初号機YA-1」
 
 
 
「やらまいか魂の開発」
 
楽器会社が最後発でなぜ2輪事業に参入したのか。戦前にヤマハは航空機プロペラの6割程を製造していたが、終戦のおりにその機材が封印されます。その7年後、航空機産業は封を解かれて、その機材を活用すべく、新たな事業を模索。その結果、白羽の矢を立てたのが2輪事業でした。参入に際し、参考車両から学ばない例は海外でもありえません。範としたのはドイツのDKW(現アウディ)のRT125です。ヤマハの川上源一社長の参考車を見抜く目がその後の軽量スリムコンパクトのヤマハらしさに繋がりました。RT125は世界で最も多くコピーされたことでも有名なモデルです。戦後、ドイツはこの名車の図面を戦後賠償として無償提供していましたが、ヤマハもそれを出発点としました。しかし、ヤマハの目指したものはコピーではありませんでした。技術的には3段変速を4段とし、日本初のプライマリー同軸キックに変更するなど、随所にベースモデルであるRT125とは一線を画す創意工夫を行いました。ヤマハ発動機本社の展示パネルにはその史実が記されてます。
 
6月28日、DKW RT125をベースモデルと決定。
 
7月12日、東京芸術大学小池教授と学生6名がヤマハ本社を訪問。 デザインを開始。
 
8月11日、車体色をマルーンとアイボリーに決定。 音叉エンブレムを七宝仕上げに決定。
 
8月29日、エンジニアと徹夜で作業、ついにエンジンの爆発音が響く。
 
この驚くべき4行の記述を見るとタイムスリップし、行間から立ち上がった男たちの姿が浮かびます。これを見たとき、同じ開発をしている身として先輩達の脅威の行動力と熱意に思わず立ち尽くしました。初の2輪開発、開始から僅か2ヶ月でエンジンに火を入れた男達のやらまいか精神(注1)に脱帽します。
 
「川上源一とGK」
 
デザインでも川上源一は海外視察でその重要性を見抜き、ピアノのデザインを東京藝術大学の小池岩太郎教授と学生6人からなる「GK」に依頼しました。「GK」とは「Group of Koike」の頭文字からとった組織名称で、後のGKデザイングループへと発展していきます。「つくるなら、世界の一級品たれ」という川上社長の心意気と「日本にインダストリアルデザインを」との熱い志士たちの思いが結実した、必然の出会いであったと言えるでしょう。榮久庵憲司や岩崎信治をはじめ、最初期のGKメンバーは初のモーターサイクルデザインのために浜松に篭り、一気にデザインを仕上げました。
 
「私とヤマハを結んだ川」
 
私には路上で走るYA-1の記憶はありません。YA-1が市場にデビューしたのは私が小学校に入学する前年なので、無理もありません。そのころ岩手県盛岡市から長野県岡谷市に引っ越し、近くの諏訪湖の水門から放流される天竜川を眺めるたびに「この水は何処に流れ行くのだろう」と空想を巡らせました。今振り返ると、まさにそのタイミングで下流の天竜川沿いの日本楽器工場で開発試作が行われ、天竜川河川敷ではテスト走行が行われていたのです。天竜川の起流で育ち、その終流の地で後世仕事をすることになろうとは、一本の川の流れに宿る運命を思わずにはおれません。全く余談ですが、初ヒッチハイクを始めたのも天竜川沿いでした。縁を感じます。
 
「いきなりレース参戦」
 
3速から4速に新設計したのは賢い判断でした。当時は「実用の時代」であるにもかかわらず、すでに「次代の乗る愉しさ」を見通しています。実用の移動具に愉しみの要素であるミッションの付加をすでに理解していたのです。4速にしたゆえに、生まれながらの駿馬となったYA-1は、当時日本最大のレースであった第3回富士登山レースに参戦優勝し、一躍脚光を浴びます。続く浅間高原レースでも1~3位と表彰台を独占し、その名を馳せました。発売して間もない初号機がレースで優勝を飾るというブランドは世界でも類例がありません。今に至るレースのヤマハ、スポーツのヤマハの誇りの血統のはじまりであり、神話のはじまりでもありました。
 
「ヤマハカラーセンスの胎動」
 
当時の国産車は自動車輪も自転車も含め黒一色。よく言えば高級志向ですが、実用の泥と埃にまみれるために、無難に黒をというのが実情です。私事ですが保育園卒園式の同じ月にヤマハは2輪開発を始めます。写真を入れたのは足元に注目して欲しいからです。戦後の貧しい地方で、精一杯の一張羅に合わせるには不釣り合いな長靴、それに付いた泥が、当時の道事情を物語ります。全国の都会から外れた道は、国道ならぬ未舗装の酷道でした。欧米では戦後、道路はきちんと舗装され、時代の高揚感から車体には明るい色彩を用いた2トーンが採用し、一世を風靡していました。舗装率の違いがカラーにも影響を与えていたのです。YA-1は細部にも拘り、高価格モデルでありましたので、当時の常識からいえば、高級車として黒が採用される筈です。しかし小池岩太郎教授はYA-1は「栗毛の駿馬である」とお題を与え、学生たちはカラーイメージを膨らませていきました。教授は物語の文面の行間を読むかのような示唆を学生に与えたのです。結果、YA-1はマルーンにアイボリーの2トーンが採用され、競合他社が黒一色の中で鮮やかな存在感を放ち、その俊敏さから「赤とんぼ」の愛称で呼ばれ愛されました。数ある国産車の歴史で、色のニックネームが付いたのはYA-1だけです。シートとハンドルグリップにはグレーの樹脂が施されるなど、と世界を見渡しても突出しており、もはやDKWとは別物です。ヤマハのカラー&グラフィックのセンスの良さ、お洒落さは創業以来の血統なのです。


 
「先見の知見」
 
デザインの完成度の高さは本家DKWと比べても一目瞭然です。全体のシルエットは軽快でスポーティであり、以後のヤマハデザインの血統を方向付けました。ディテールにいたる造形力の高さは、撮影した写真のように群を抜いていて、同じDKWをコピーしたハーレーダビッドソンや英国のBSA、ロイヤルエンフィールドなどに比べ、そのデザインセンスの高さと日本らしい気品は品格さえ感じさせます。誇らしい限りです。ここにはヤマハデザインの誕生とそのルーツがあります。大企業とフリーランスのデザイン会社との類例のないコラボレーションもここから始まりました。
 
組織と企業の枠を越え、技術とデザインが対等に真摯に向き合い、闘い切磋琢磨する。技術とデザインはどちらも創造行為です。YA-1とは、ヤマハらしい人間味溢れるモーターサイクルのデザインの美しさと創造の土壌を生み出した原点なのです。
 

 
(フリージャーナリスト 一條厚)
 
(注1)「やらまいか」とは「やろうじゃないか」や「しましょうか」という遠州地方の方言。遠州人の「あれこれ考え悩むより、まず行動しよう」という進取の精神を表す。
 
GKデザイングループ