COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
ヤマハ発動機株式会社 RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。(北米向け)
ヤマハ発動機株式会社 YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台 。(欧州向け)
                                             
ヤマハ発動機株式会社 Star Venture
信頼性と走りの楽しさを備え、
より快適に長距離ツーリングを楽しめるモデル(北米向け)

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

 求人案内 
 

 

随時更新していきますのでお見逃しの無いように!

 

 

 
 

 
 
 

 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザイナーの目を通して視る日々をご紹介するFacebook Page。
 
 


 
 

デザインセミナー
 

 
<GKダイナミックス スチューデントセミナー開催のお知らせ>
2019年2月26日(火)から3月1日(金)の4日間において
『GKダイナミックス スチューデントセミナー』を開催いたしました。
開催時の模様は、弊社Facebookページにアップいたしましたのでご覧ください。
 
(広報)
 


 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 

「ギタイ」のデザイン
 
 
最近、バーチャル・リアリティ、ミッスクド・リアリティ、ロボティクス研究などの講演で、次の段階として義体の実用化が進むということを伺いました。お話を聞きながら、1980年代に士郎正宗がかの「攻殻機動隊」で21世紀のテロの時代というミライを描き、のちにそれが現実となって畏怖の思いを抱いた9.11の時のように、いよいよ「ギタイ」の時代がきたのかと、ふと感慨に耽りました。
 
思えば衰えるいっぽうの我が「脳殻」の代わりとして、iPhoneが自分にとっての外付けハードディスクとなって久しく、頭の中のかなりの部分を持ち歩きながら常時ネットに接続しているのだから、その意味では「ギタイ」に先行して「電脳化」は既に始まっていることになります。 講演での義体とは、遠隔地の病院での手術や、メルトダウンした原発の中で作業するロボットに身体的にシンクロするようなお話で、5Gのような高速通信技術が可能とさせる(テレイグジスタンスと呼ばれる)遠隔就労を例として語られていました。つまり「ギタイ」はそのような形態のモノから実用化が進むのだと理解しています。他方で(神経系との接続の難易度は高そうですが)失った身体の機能を、それらのロボティクスに置き換える研究が進んでいくのも必然と思われます。
 
我々GKダイナミックスは長年のヒトとキカイの関係性を機能と心の作用の両面から考え、モビリティを主な対象としてデザインに取り組んできました。またその経験を活かし、身体機能に障害を抱える人の生活の質を高める義肢のデザインにも取り組んできました。最近の事例では、車椅子テニスの世界トップランカーである眞田卓選手のサポートとして、義足カバーや、試合中に体の一部のごとく扱えるような機能を考えた競技用車椅子本体のカタチのデザインにも関わっている。そう考えると今後進む「ギタイ」の在り方も、我々のデザイン対象になっていくはずです。
 
日本人の健康寿命が長くなり人生100年時代とも言われますが、自分の老化と「ギタイ」デザインのプロジェクトのどちらが先になるのか。まったく人ごとではないなと思いつつ帰路につきました。
 
(新領域デザイン部 デザインディレクター H.S)

CMFGデザイナーの独言  

 

あの美しい所作のように
 
 
10年ほど前、出張したジャカルタでの週末の出来事でした。クライアントのご厚意で、彼らのご家族と共に「タマン・サファリ・インドネシア」という動物園へ誘われ、連れて行っていただきました。この高地にある遊園施設を併設した動物園は、当時娯楽の乏しかったジャカルタで地元の誰もが通う行楽地として人気がありました。そこではさまざまな動物達と至近距離でふれあうことができます。
 
クライアントのかわいらしい御息女が、オラン・ウータンの赤ん坊を抱きたいと近づいたとき、その隣の係員の肩にニシキヘビを認めて驚き、思わず両手を胸に当てました。ごく一瞬の、そしておそらく周りの者にはいつもの光景であったであろうその瞬間の所作は、私にとって新鮮かつたいへん美しく映りました。欧米では神の名を唱えるところを、彼女らは実に自然に手を胸に当てるのです。
 
思えばインドネシアの人々は握手をする際、握った手を解いたのち、その手を胸に当てる仕草をします。訊けばその仕草によって相手に敬意を表しているのだそうです。これらはおそらく宗教上の儀礼や慣習から生まれたものなのだと思いますが、こういった美しい所作をもつ人々には憧憬の念を禁じえません。そして道具の究極はおそらくこのあたりにあるのではないかと漠然と思うのです。
 
美しい所作を伴う道具をデザインしたい、そう願いながら日々の業務に取り組んでいます。伝統的なものには美しい所作を伴うものが多く、日本ではそれらを体系化したものを「道」とよんで継承していく知恵があります。『道具とは「道」に具わるもの』GKデザイングループ創業者の榮久庵はインダストリアルデザインの対象である「道具」をそのように表現しました。しかし残念ながらモダンデザインは自らが切り捨てたこのようなものが生みだす美しさを、いまだに越えられずにいるのではないか。そのようなことを思わずにはいられません。
 
「いつか見た、あの美しい所作のように」私のデザインする動機であり核心でもあるこの言葉はまだまだ遠く、手の届かない霞の中にあるようです。
 
(動態グラフィック部 ユニットリーダー  倉岡真樹
 
 

 
 

 
 
  

のりものがたり

 

戦後の小さなクルマ

 

先日、イベントで遭遇した戦後の小さなクルマ、「オートサンダル」と「フライングフェザー」。
戦後の国産車の発展の隙間に生まれたクルマ達は、なかなか興味深いのです。復興の間、小さな企業が知恵と工夫を凝らして開発し、夢を託した小さなクルマには、衣食住が少しずつ充足し始めると同時に、仕事に生活にと移動と運搬の足が求められました。自転車や荷車やリヤカーを凌ぐ、クルマの機動力が求められたのは必然です。
乏しい資源の中で手に入るバイクエンジンや汎用エンジンを用い、知恵と工夫で小型車を作り始めました。
1947 年に乗用車の生産再開が許可され、1949年に軽自動車規格が誕生しました。最初の軽自動車と思われる、その簡素な小さなクルマが醸し出す手作り感満載の姿に、往時のさぞやの苦労が偲ばれます。本物(?)のクルマや高級車には抱かない小さきもの特有の感覚です。今でこそクルマは誰でも手が届きますが、当時は庶民には夢の存在です。またエンジンで移動すること自体が素晴らしく、ワクワク、ドキドキの時代だったのです。社会が運転自体に興味を失ってきた昨今を思うに、隔世の感を抱きます。移動そのものが物理的な効率でなく、ときめきの空気を人々と共有していた時代です。
 
・「オートサンダル」1951年 空冷単気筒348 cc 5 PS 車重390 kg
微笑ましいブランド名です。まるで走る四畳半、なんとも家内工業的な趣漂う愛らしさです。改良型を含め200台ほど生産した後、「日本オートサンダル自動車」のバブルは消えました。
 

エンジンを始動するや大人気。「 KAWAII 」は時代と世代を超えます。この時代特有の温かなフォルムが愛おしい。 
 

 
エンジンルームを覗き込む。「え?もしや!」
2枚の回る金属製円盤を垂直に押し当てる摩擦を使った駆動方法「フリクションドライブ」なのです。その動きは原始的。構成上、日本初のミッドシップエンジン車となります!しかもオープン2シーター。無段変速にもなるでしょうがオートマ3段変速で使っていると見えます。
 

  セルモーターなど当然ありません。そう、このアームでクルマをキック始動するのです。
 
この車から感じるのは、当時の人々の自動車への憧れと渇望と熱意です。
物のない時代、資金と資源は乏しくとも平和の動きを込めた乗用車は、希望と起業スピリットに溢れていたのです。人の生活に寄り添うかの小さなクルマの姿に、開発者の格闘の日々を感じます。小さなクルマしか表現出来ない魅力を、未完成なデザインからでも感じ取れます。今こそ、小さなクルマのデザインの大きな可能性の目を覚まして欲しいものです。
 
・「フライングフェザー」1955年 自社製350 cc 空冷4V型2気筒リヤ駆動、車重400 Kg

 
名前の由来からも目指したのは超軽量車です。「最も経済的なクルマを」という設計者、戦前日産のダットサン開発に携わった富谷龍一氏の思想を住江製作所がかたちにしました。実用最少限のメカニズムの合理的なスタイリングでしたが、その特異なデザインを含め、デラックスを求めた当時の人々には理解されず短命に終わりました。2CVのような徹底した合理主義は日本人には理解できなかったのでしょう。
生産台数は僅か48台と言われますが残存数は多いのは独自の哲学に共鳴する人がいるのです。未再生の動態保存であえて外観レストアしないやれた味わいは趣を感じます。フロントグリルは台形タイヤの収納口ですがいい雰囲気です。
 

独特の軽快なフォルムは、特徴的な転がり抵抗を少なくする2輪車用の19インチスポークリムの大径タイヤが生み出すユニークなバランスによります。2台ともオープン2シーターなのは軽量化のためです。
 

フライングフェザー発売2年後のスバル360が4人乗りで車重385Kg 上記2台と比較すると 改めて軽量化への執念と完成度の高さを感じます。
 
 
GKデザイングループ