COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1981年
資 本 金:1000万円
取引銀行:東京三菱UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行目白出張所
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    相談役 一條 厚
    監査役 藤本清春
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
YAMAHA Motor USA RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

求人案内
2016

 
 
 

  
 
 
 
 
 
 
 

デザインセミナー開催 5月24日
中国浙江省デザイン関係者向け

 
5月24日、GKグループPルームにて、日中科学技術文化センターの依頼を受け、浙江省でデザインに携わる団体・企業の代表団を迎えて弊社一條が講演を致しました。
テーマは「日本の伝統文化が工業デザインに与える影響」。
大量生産・大量消費の時代を終え、デザイナーが成すべき事、日本人である事から生まれるモノへの美意識について、一條の想いが語られました。
ブランドとして中国から世界に打ち出そうという強い意気込みを感じる質疑応答など、活発な意見交換も行われ充実した時間になりました。


 
 

デザイン講座 6月14日
「骨格と動態デザイン」

 
6月14日、東京サイクルデザイン専門学校の学生に向けて、弊社一條が「骨格と動態デザイン」のテーマで講座を開催しました。
一條が実際に経験してきた乗り物に対して考えた事、また、乗り物から得た「感動」や、人生に対する能動的な感情を共有するべく語られた熱い想いは、現在サイクルデザインを学ぶ若者たちにもしっかり伝わったようで す。
 日本という美しくも厳しい環境で人に響き・活かせるサイクルデザインとは何か?サイクルデザインへの期待 を創発する大変良いコミュニケーションになりました。
 

 
 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 
”Form ever follows function(形態は常に機能から生まれる)”と言ったのは建築家のサリヴァンです。(Louis Henry Sullivan, 1856-1924)
全くもって正しいと思います。が、乗り物についてはどうでしょうか?
シンプルである事は、形態の美しさを語れる一つの定義ですが、エンジンをそのまま四角く囲って腰掛て乗ったら恰好良いかと言えば違うのですよね。4輪車は確かにエンジンを囲った箱でもありますが、そこには居住性を追求した快適なコンパートメントが付随しています。磨き甲斐のある滑らかなエクステリアやホールド感の良い革張りのシートやら、動力という機能とは直結しない部分も確実に在って、その部分の魅力についつい惹かれてしまうのが人間でしょう。2輪車は4輪車ともまた違います。エンジンに人が覆い被さっている様な状態は、確かに「機能」から生まれた形態です。人体自身が機能の一部であると言っても過言では無いかもしれません。では2輪車の形態をどの様に考えていくのか、少しづつお話ししましょう。

(動態デザイン部ユニットリーダー:M記)   
CMFGデザイナーの独言

 
不況になると恐竜ブームが訪れるそうです。確かに数年前にもTV番組やイベント展示等で注目されていたことを思い出します。先行きの見えない日常においては、閉塞感を打破してくれる強大な存在に憧れるということでしょうか。
恐竜の大きさや形体は一般に認知されているものの、体表の色や模様といった外観についてはまだ詳しく解明されていないそうです。私たちの思い浮かべる図鑑に描かれたあの姿は、現代の爬虫類等から推測されたものに過ぎません。T・レックスは禍々しい模様を身にまとって見るものを震え上がらせていたのかも?真っ白なスーパーサウルスが荘厳な雪山のように平原に佇んでいたのかも?人類誕生以前の太古の世界に様々なイメージが膨らみます。
そんな未知の世界に思いを馳せながら、ふと私たちが日々携わっているCMFG(Color/Material/Finish/Graphic)デザインについても考えてみました。
単に表層的な見た目処理ではなく、モノの本質や機能を表現すること。周囲との関係性を作り上げていくこと。おそらくそれは、人々の意識や社会の景色を変えるような大きな可能性を秘めた意義深いものに違いありません。

 

 (動態グラフィック部ディレクター:Y記) 

 

のりものがたり

 
この物語は、希代の乗り物好きとして人生を謳歌しているI氏の、長い長い物語です。
始まりは1954年、大きな戦争が終わり日本が「明日」を希望として目指せるようになった時代。憧れの自動車を観に「全日本自動車ショウ」(後の東京モーターショー)に足を運んだ I 少年には、幼いながらも絶対に確認したい事があったのです。
自家用車を持つ夢を持った大量の大人で混み合う展示車両になんとか近づき、なんとその小さな手のひらで大きな車体を撫でてみたのです。
  「やっぱりЖΦΣなんだ!」
当時の子供の発言ですから、デザイナーの使う言葉とは違います。しかし、それはカタチというモノを確実に実感した言葉だったのです。
この少年が世界でも有名なデザイナーになるとは、その時まだ誰も思っていませんでした。

(ダイナミックスCP編集委員:Sa)   
GKデザイングループ