COMPANY


株式会社GKダイナミックス 代表取締役社長

菅原義治 

㈱GKダイナミックスは、GKデザイングループの一社としてモーターサイクルを中心に、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトのデザインを行っています。「使う人」を常に物造りの中心に据えた我々のデザインは、五感に様々な快い刺激を与え、定番として心に残るカタチと成ります。
 
略歴
1991年立教大学経済学部経営学科卒業後、㈱GKダイナミックス(東京)、GK Design International Inc.(L.A.)で雪原から海上まで、様々な環境を見極めたプロダクトデザイナーとして活躍。世界各地でのデザインディレクター、プロダクトマネージャーとしての経験を活かし、新たなデザインの可能性に臨む。

 
身体を使って活動する悦び、身体を超えて新しい世界を知る感動。
機能を見せる、機能を潜ませる、機能をカタチにする。
心を昂らせるのが私たちのデザインの使命です。

 

名称
株式会社GKダイナミックス 

 
 

所在地
〒1710033

東京都豊島区高田3-30-14 
山愛ビル2F 
電話:03-3989-9961    
FAX:03-3981-5318
 

 

概要
設   立:1988年
資 本 金:1000万円
取引銀行:三菱UFJ銀行高田馬場支店
      みずほ銀行高田馬場支店
      りそな銀行池袋支店
 
 
所属団体
JIDA(ジャパンインダストリアルデザインアソシエーション)
日本色彩学会
日本デザイン機構
日本スポーツ産業学会

 

役員

代表取締役社長 菅原義治
 取締役副社長 松浦雅彦
    取締役 清水尚哉
    取締役 與語武彦
    
 

 

業務内容

デザイン
プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、カラーリングデザイン
企画・調査・コンサルティング
ブランディング企画、コンシューマプロダクト企画、地域・事業開発に関する調査およびコンサルティング、デザイン企画の調査および提案、地域産業活性化計画に関するコンサルティング支援
講演・セミナー
デザイン講演、学生向けデザイン教育、ジュニア向けデザイン講習、国内外インターンシップ実施

 

 

WORKS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、1955年にヤマハ発動機モーターサイクル第1号機となったYA-1をはじめ、数多くのモーターサイクルやレジャービークルを手掛けてきました。
長く愛されるデザインは時代を超えて定番となり、人の心に残っていきます。
そしてそれは、新しい生き方の提案にもつながっていきます。

 

ヤマハ発動機株式会社 MT-09 TRACER
市街地からツーリングまで、快適な走りを楽しめる1台
ヤマハ発動機株式会社 XSR900
“ネオレトロ”を継承、且つ新たな魅力を持つ革新の一台。
ヤマハ発動機株式会社 VK540V
厳しい自然環境の中で活躍するタフなオールラウンダー。
ヤマハ発動機株式会社 RAPTOR700R
懐かしくて新しい、スポーティなインターカラーを纏った
スポーツATVの最高峰。(北米向け)
ヤマハ発動機株式会社 YZF-R6
洗練された新しいデザインが注目の的。
MotoGP育ちの刺激的な1台 。(欧州向け)
                                             
ヤマハ発動機株式会社 Star Venture
信頼性と走りの楽しさを備え、
より快適に長距離ツーリングを楽しめるモデル(北米向け)

TOPICS


 
私たち㈱GKダイナミックスは、創始者である故・栄久庵憲司のデザインへの強い志を引継ぎ、
通常のデザイン業務に加えて、デザイン運動、デザイン研究を推進しています。
TOPICSは、弊社が関わるデザインのアクティビティを知っていただく場所です。

 

 求人案内 
 

 

随時更新していきますのでお見逃しの無いように!

 

 

 
 

 
 
 

 

CLUB GKって?
GK Dynamicsを真面目に楽しむ

 
「放課後」のデザイナー達が創ったモノや楽しんだコト、デザイナーの目を通して視る日々をご紹介するFacebook Page。
 
 


 
 

デザインセミナー
 

 
<GKダイナミックス スチューデントセミナー開催のお知らせ>

2019年2月26日(火)から3月1日(金)の4日間において『GKダイナミックス スチューデントセミナー』を開催いたします。

大学3年生と大学院1年生に向け、テーマ沿った課題に取り組みながら、弊社のデザインに対する独自の考え方や表現方法を体験していただきます。
参加される学生の方々と弊社デザイナー(若手から中堅メンバー)でグループワークを行ったり、弊社デザイナーが各自の直接指導に当たります。

募集する領域は、インダストリアルデザイン系(モビリティーを含む)とプロダクトグラフィック系(※)の2つの領域になります。
今までモビリティデザインを学ばれてきた方は勿論、経験はなくともGKダイナミックスに興味のある方のご参加をお待ちしております。
 
※プロダクトグラフィックとは、立体製品上にグラフィックデザインの手法を活用して製品と利用者をつなぐコミュニケーションデザインを意味しています。

ご興味のある方は下記のサイトよりご応募ください。

【応募サイト】GKデザイン機構 ホームページ_Topics
 http://www.gk-design.co.jp/topics/1590/

(広報)
 


 
 

COLUMN


日々是デザイン、日々我デザイナー、
デザインする事が当たり前の人達がふと考える、 様々なコト・ヒト・モノ・アレコレ........
*不定期に更新します。

 

 プロダクトデザイナーの独言

 

ムービーの効果を考える
 
 
GKはプロダクトデザインオフィスとして「モノ」を創造し、それにふさわしいカタチを与えることが生業であった。では「モノからコトへ」と言われる現在、誰も体験したことが無い「コト」を創造し、伝えるにはどうしたら良いのだろうか?
2年ほど前に先行提案プロジェクトに関わった際、近い将来を見据えたライフシーンについて、10分ほどのムービー(動画)を制作したことがある。
構想を練りシナリオを設定し、アイテムやジオラマを工作しながら撮影と編集を繰り返す、と多岐に渡る作業に追われ毎日が天手古舞だった。手作り感溢れる簡素な作りではあったが、完成時にはクライアントにも満足してもらえたことで充実感を得られたのを記憶している。プレゼンテーションの一部にムービーを使用するのはもはや珍しいことではないが、最終納品物と位置付けたのは弊社ではこれがはじめてだったようだ。
ヒトの五感の中で視覚から得られる情報量が8割を占めるという。視覚に次いで聴覚が重要らしい。躍動感のあるムービーならばサウンドも伴うことで観る者をワクワクさせながら無意識のうちに作者の意図を伝えることができるわけである。かのハリウッドが、人々を楽しませるために映画という手法にこだわるのも頷ける。
私は、ヒトの感情に訴える「ダイナミックデザイン」にはエンターテイメントの要素が多分に含まれると感じている。そんな視点からムービーはダイナミックデザインと親和性が高いとも言える。
学生時代から「聞いていて眠くなるプレゼンは落第」だと教えられてきた。「ダイナミックデザイン」を標榜する弊社のデザイナーならば、なおさらこれを意識しなくてはならない。
デザインの領域が分野を超えて拡大を続けている現在、デザイナー自身の活動範囲も広がり必要とされるスキルも多岐に渡ることとなった。実際に私自身もムービー制作を含めて、やりたいことや、やらねばならぬと考えていることがたくさんあって困っている。
まったくもってデザインへの興味は尽きない。
 
 (新領域デザイン部チーフデザイナー M.H) 

CMFGデザイナーの独言  

 

曖昧な、あかり。

 

昨年のこと、自宅での読書用にデスクライトを購入しました。60年以上前に製造されたデンマーク人デザイナーによるもので、電球のあかりが目に入りにくいよう、電球とシェードとのバランス、アームの角度に工夫が見られます。あかりをやさしく届けようとするデンマーク人の気質がデザインとして現れているところが気に入っています。
 
購入後は安全性やランニングコストを考えて、付属の白熱電球に近い発色のLEDタイプに交換しました。ところがそのLEDのあかりでは、元々の白熱電球のあかりにあった風情と何かが違うのです。それも「なんとなく」という僅かな違いで。
 
抽象的ですが、LEDタイプの電球はピシっとした鮮明なあかりで、白熱電球はホワっと灯すようなあかりです。陰影のグラデーションの滑らかさにも「なんとなく」の微差を感じます。その後、いくつかを試したもののコレというLED電球には巡り会えず、今はもとの白熱電球に戻してしまいました。たとえそれが電力を食い、寿命が短くても。
 
明るいのに消費電力は僅か、長寿命で取替え要らず。あかりの質感を測る色温度や照射角の数値を比べても、白熱電球のそれとほぼ同じというLEDタイプの電球。それで何か問題があるかといえば、ないのです。LEDの圧倒的な機能・性能のように、きっちりと言語化された経済的価値からすれば、「なんとなくの風情や雰囲気」は何とも曖昧なもので、今の時代では気に留めることもない、小さな事柄なのかもしれません。
 
私の好きな日本の建築家の一人である中村好文さんは、自著の中でこう記されていました。“私は「Lighting」を「照明」と訳したのが本当によかったかどうかつねづね疑問を感じています。「明ルク、照ラス」と訳したおかげで、私たちは部屋の隅々までくまなく照らさらなければいけないような、誤った先入観を植え付けられてしまったのではないかと勘ぐるのです。”
 
あかり、という日本語も漢字では「明かり」や「灯り」の2つの表し方があるように、本来のあかりには様々な意味と表現、多様なニュアンスが含まれていた筈です。明るいほど良い、高い演出性ほど良い、コストパフォーマンスこそがすべて、といった経済的価値一辺倒では、人間らしい営みに歪みが生まれていることを、私たちは薄々気づいています。
 
自発的な清貧精神のもと、暗くぼんやりして不鮮明なもの、小さく儚いもの、未完成なものに美の価値を見出し、それを世界に認められる芸術の域まで押し上げた先人らの「侘び寂び」。われわれ日本人には、そうした美を感じ取ることができるセンサーや、それを渇望する欲求が身体の奥底に横たわっているのではないでしょうか。
 
言語化の難しいこと、一瞬ではわかりにくいこと、ついつい見過ごしてしまう日々の僅かな変化や出来事。こうした小さな声に耳傾けて慈しむことや、想像を膨らませて見えぬものを見抜く力を、これまで以上にデザインのテーブルに上げていくことになるのかな、と私は思っています。
 
(新領域デザイン部 ユニットリーダー K.H
 
 

S. A. HOLM SØRENSEN Table Lamp, 1950’s  

 
 
  

のりものがたり

 

戦後の小さなクルマ

 

先日、イベントで遭遇した戦後の小さなクルマ、「オートサンダル」と「フライングフェザー」。
戦後の国産車の発展の隙間に生まれたクルマ達は、なかなか興味深いのです。復興の間、小さな企業が知恵と工夫を凝らして開発し、夢を託した小さなクルマには、衣食住が少しずつ充足し始めると同時に、仕事に生活にと移動と運搬の足が求められました。自転車や荷車やリヤカーを凌ぐ、クルマの機動力が求められたのは必然です。
乏しい資源の中で手に入るバイクエンジンや汎用エンジンを用い、知恵と工夫で小型車を作り始めました。
1947 年に乗用車の生産再開が許可され、1949年に軽自動車規格が誕生しました。最初の軽自動車と思われる、その簡素な小さなクルマが醸し出す手作り感満載の姿に、往時のさぞやの苦労が偲ばれます。本物(?)のクルマや高級車には抱かない小さきもの特有の感覚です。今でこそクルマは誰でも手が届きますが、当時は庶民には夢の存在です。またエンジンで移動すること自体が素晴らしく、ワクワク、ドキドキの時代だったのです。社会が運転自体に興味を失ってきた昨今を思うに、隔世の感を抱きます。移動そのものが物理的な効率でなく、ときめきの空気を人々と共有していた時代です。
 
・「オートサンダル」1951年 空冷単気筒348 cc 5 PS 車重390 kg
微笑ましいブランド名です。まるで走る四畳半、なんとも家内工業的な趣漂う愛らしさです。改良型を含め200台ほど生産した後、「日本オートサンダル自動車」のバブルは消えました。
 

エンジンを始動するや大人気。「 KAWAII 」は時代と世代を超えます。この時代特有の温かなフォルムが愛おしい。 
 

 
エンジンルームを覗き込む。「え?もしや!」
2枚の回る金属製円盤を垂直に押し当てる摩擦を使った駆動方法「フリクションドライブ」なのです。その動きは原始的。構成上、日本初のミッドシップエンジン車となります!しかもオープン2シーター。無段変速にもなるでしょうがオートマ3段変速で使っていると見えます。
 

  セルモーターなど当然ありません。そう、このアームでクルマをキック始動するのです。
 
この車から感じるのは、当時の人々の自動車への憧れと渇望と熱意です。
物のない時代、資金と資源は乏しくとも平和の動きを込めた乗用車は、希望と起業スピリットに溢れていたのです。人の生活に寄り添うかの小さなクルマの姿に、開発者の格闘の日々を感じます。小さなクルマしか表現出来ない魅力を、未完成なデザインからでも感じ取れます。今こそ、小さなクルマのデザインの大きな可能性の目を覚まして欲しいものです。
 
・「フライングフェザー」1955年 自社製350 cc 空冷4V型2気筒リヤ駆動、車重400 Kg

 
名前の由来からも目指したのは超軽量車です。「最も経済的なクルマを」という設計者、戦前日産のダットサン開発に携わった富谷龍一氏の思想を住江製作所がかたちにしました。実用最少限のメカニズムの合理的なスタイリングでしたが、その特異なデザインを含め、デラックスを求めた当時の人々には理解されず短命に終わりました。2CVのような徹底した合理主義は日本人には理解できなかったのでしょう。
生産台数は僅か48台と言われますが残存数は多いのは独自の哲学に共鳴する人がいるのです。未再生の動態保存であえて外観レストアしないやれた味わいは趣を感じます。フロントグリルは台形タイヤの収納口ですがいい雰囲気です。
 

独特の軽快なフォルムは、特徴的な転がり抵抗を少なくする2輪車用の19インチスポークリムの大径タイヤが生み出すユニークなバランスによります。2台ともオープン2シーターなのは軽量化のためです。
 

フライングフェザー発売2年後のスバル360が4人乗りで車重385Kg 上記2台と比較すると 改めて軽量化への執念と完成度の高さを感じます。
 
 
GKデザイングループ